セックス後の「腕枕」は人類存続の秘密に起因?

ベッドで愛しあった後の腕枕が好きですか?嫌いですか?

彼氏から安心感をうけとれて大事にされている感じがするという意見もある一方で、違和感があってあまり好きではない!というコメントもあります。

心地よい女性とそうでない女性とでは、どのような違いがあるのでしょうか?

科学的な根拠があるとの噂は本当でしょうか?

人類存続のため!!

腕枕は人類存続のために必要という論文があります。

“種の保存”のために男性が女性を守る行為だそうです。

う~ん、いまいちピンとこないのが本音なのですが…

人間には子孫を残してDNAを存続したいという本能は残っています。

“種の保存”の本能が備わっているわけです。

男女のエッチ行為も正に生存本能に起因する行為なのですが、

男性が女性をエッチの後に囲い込んでガッチリ守って種の保存を確実にやり切るのが理屈です。

単なる、無意識の俺のモノ!的な主張かと思っていました。

長時間だと腕がしびれるのがつらいのですが…。

実は、エッチ後に女性を保護するのが目的で、男性は自分が辛くても女性に腕枕を貸すというわけです。

もし、男性のほうから積極的に腕枕をするのであれば、女性は愛されている存在だと思われている可能性が高いです。

カップルの相性診断

腕枕には、お互いの相性を見極めるために有効な手段です。

腕枕で女性が頭を置くワキの下は、男性のフェロモンが分泌されやすい部位です。

相性抜群の相手はにおいで判明するそうです。

腕枕はDNA遺伝子レベルで相性が良いのか悪いのか判断材料に最適です。

腕枕はあまり長い時間やると男性のからだに負担をかけてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です