ユニクロ売上減少の原因!?低品質と割高の最悪な理由暴露

ユニクロの国内売上高が減少しているようです。

既存店726店舗の売上高は、前年同月比11.7%減で3カ月ぶりに前年を下回った。客数も14.6%減となった。

売上減少の理由としては、例年に比べて気温が低く、夏物衣料が苦戦したことを挙げているが、果たしてこれだけだろうか?

近所の路面店やイオンのテナントには、店員さんが子持ちの主婦層が増え過ぎているのが気になります。

おばさん店員が買おうと思った服を着用しているから購入意欲が減退します。

おばさんの為の服屋にしか思いません。

10代や20代で子供産んでるママさんは、おばさん風な人とかぶる服を着たくないし、かぶったら恥ずかしいだけです。

ユニクロに行きたくなくなるのも理解できます。

そもそも、外出用として着ていくものを買うイメージが全く無いです。

ユニクロは、誰にも見られない部屋着用にはとても重宝してますよ。

でも、ユニクロの魅力といえば、そこそこの品質で格安という点です。

高かったら買う意味があまりないし買わない。

しまむらでも十分です。

しかも、ここ10年ほど品質がガタ落ちでメリットを全く感じられないという意見も挙がっています。

安くて良いものを買おうと思いユニクロに入ることはあるけど買った試しがない。

結局、個性に欠けるものしかないので気に入るものがない。

ユニクロも20年前だと安いのに縫製も素材も質の高い良品でしたが、今は落ちましたね。

正直、昔に比べて生地は『ペラペラ、ヨレヨレ』に劣化したのを否めないです。直ぐに伸びてしまい使えない。
店に入って確認しただけ。

ファストファッションの限界なのでしょうか。

少し高くても生地のしっかりしたもの、適度な伸縮性で着心地の良い者を選びます。

UNIQLO高いもん! デザインも悪い!どんどんサイズ小さくなっているのが理解できません。

昔みたいに品質下げて安くすればいいのに高みの見物をしているのでしょうか。

他人と被る確率が高い服に金出す人は居ないはずです。

エアリズムやヒートテック買って暑い理由は単純にポリエステルだからです。

天然素材に敵うわけないです。

家着に格下げされた時点で将来の展望が薄いのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です