歯科医が激白!虫歯と歯槽膿漏を回避する100円ショップ商品

虫歯、口臭、歯周病、歯槽膿漏など口内のトラブルを回避しようと、日常的に歯磨きを頑張っている人は多いと思います。

しかし、歯科クリニックの開業医、歯周病専門医によると、正しいお口のお手入れに必須な“最強の道具”を使用していないがために、歯磨きを毎日しても虫歯や歯周病になってしまう患者が、後を絶たないそうです。

お手入れを毎日実践しているのに虫歯になる人、口臭、歯肉炎や歯周病が気になる人は、日常的なオーラルケアのツールに何かしらの問題があるのかもしれません。

そこで今日から取り入れたいケアグッズを紹介したいと思います。

 

歯ブラシだけは不十分

「歯磨きを忘れても、歯間のケアをサボってはいけません」。

歯や歯茎を美しくて健康的に保ちたい場合、デンタルフロスや歯間ブラシは絶対に欠かせないそうです。

デンタルフロスとは歯と歯の間にあるプラーク(歯垢)を除去するためのケア用品で、歯間ブラシとは、歯と歯の間を磨くブラシになります。
歯と歯の間は歯ブラシが届かないため、虫歯になりやすいという特徴があります。

歯周病も必ずといっていいほど、歯と歯の間から始まります。

逆に、歯と歯の間の清掃さえきちんとすれば、歯のトラブルが防げるといっても過言ではないのです。

歯間の歯茎には角質層が欠如するため、虫歯菌や歯周病菌に対して極めて防御力が低いのです。

歯間のトラブル予防のためには、デンタルフロスや歯間ブラシの使用が絶対に欠かせません。

 

必需品は「歯磨き粉」

虫歯菌、歯周病菌を駆除するには、歯磨き粉をつかうべきです。

歯磨き粉の中の研磨剤で、歯ブラシやデンタルフロスを使って繰り返しこすらないと、歯垢の中に生息する歯周菌や虫歯菌は破壊できないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です