全米禁止、トランス脂肪酸!日本が規制しない大罪の理由

マーガリンやショートニングなど、健康に悪影響だという事実をご存じですか?

「トランス脂肪酸」を含む油脂を使わないようになります。

米食品医薬品局(FDA)はトランス脂肪酸の原因となる油脂の使用を3年後までに全廃することを決めました。

しかし、なぜ日本では規制すらされないのでしょうか?

10年位前には、NYでトランス型脂肪酸の販売禁止というニュースをありましたけど、遂に「全米で全面禁止になったのは驚きました。

トランス脂肪酸は、マーガリン、ショートニングなど日本のパンやお菓子などには必ずと言ってよいほど含まれています。

日本ではバターの値段が高く、コストの問題などもあるのかもしれないので、その代替品としてマーガリンが誕生したのは事実だと思います。

これを多く含む食品を摂取すると、悪玉コレステロールが増えるのは必至ですから、体重増加や血管損傷や花粉症や心疾患などにつながるとされているのに…。
米国に比べて、日本では摂取量が少ないとの理由からなのか?規制どころか表示義務化もされてない危険な現状です。

どうして、全米と違って日本国内ではトランス型脂肪酸の規制の話題すら上がらないのでしょうか?
トランス脂肪酸は、アメリカではこれらの油脂をパン、ケーキ、ドーナツ、スナック菓子などに広く使っていた経緯があります。

トランス脂肪酸をある程度を摂取するとLDLコレステロール、つまり悪玉コレステロールが増加して、便秘や下痢などの腸内環境が粗悪になったり、心疾患のリスクを高めるという認識が広がりました。

トランス脂肪酸を含む製品の使用を規制する国が急増しています。

一方、日本では現段階ではトランス脂肪酸の規制は行われていません。

トランス脂肪酸が健康に良くないことは明らかなので、消費者庁は食品メーカーに対してトランス脂肪酸に関する情報を自主的に開示するよう要請しており、一部メーカーがトランス脂肪酸の使用を削減している動きもあります。

加工食品や外食など、日本ではトランス脂肪酸を100%避けることは無理かもしれません。

自宅ではマーガリンを使わないなどの対策をするべきです。

一方、日本では現段階ではトランス脂肪酸の規制は行われていませんし、使用している場合でも表示義務はありません。

加工品といえば、ベーコンやハムやちくわ等を思い出します。

ダイエットしている人、美容や健康管理を心がけている人なら、トランス脂肪酸を摂取しないように意識しましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です