厄年=不吉は迷信!?30代女性が不安に陥る厄年の勘違い暴露

厄年になると「運が悪い、不吉な年」と考えている人は多いようです。

女性の場合、数え年で33歳、37歳と、厄年がやってくるとされているため、アラサー世代にとっては不安な種になりやすい。

そんなアラサー世代の将来のマイナス要因というものを覆す事実があります。

多くの人が厄年を気にかける風潮が生まれたのは、都市型の生活が普及するようになってからのことと考えられています。

女性の場合、まだ晩婚化が進んでいなかった時代は30歳過ぎには子育てが一段落していましたから、人生の中盤戦を意識するタイミングだったと言えるでしょう

高齢化社会の現代では、63歳を大厄とする“新厄年”を設定する動きもあるようです。

もうこうなると、クリスマスやバレンタインデーのイベントとさほど変わらないものなのかも。

由緒あるものなのかと思いきや、意外とあやふやな厄年。あまり知られていない、よくある厄年の勘違いを教えてもらった。

悪いことが起きる年

厄年の起源は語呂合わせにすぎません。

一般的に大きな厄年と言われている、「女性の33歳“散々”、男性の42歳“死に”」に当たるという説が有力ですけど、正しい根拠はないので信ぴょう性に欠けます。

成人式が子供から大人になる節目であるように、厄年も一つのタイミングにすぎない。「自分の人生を振り返って中間決算をする節目」として、上手く活用しよう。

大きな決断はしてもOK?

一般的に、厄年に大きな決断はしない方がいいと言うのは勘違いです。

むしろ厄年は自分の人生を良い方向に変えるためのチャンスです。

大学卒業や就職などのライフイベントがある20代と比べると、30代はダイナミックな変化に富んでいない人が多いです。

何かきっかけがないと、人生を見つめ直すことはしないものです。

20代に経験を積み、人間として一人前になっているはずの厄年の年齢を契機に、人生設計を振り返って万が一思うように運んでいないならば努力するべきです。

単調な毎日では、一生懸命になりにくいです。

厄年を最良のキッカケにして、今後の人生目標を再考するチャンスにしましょう。

諸説入り交じる厄年ですけど、「災厄にみまわれる年」というのは迷信にすぎません。

不安な気持ちになってしまいやすい厄年だが、自分の人生を見つめ直すきっかけ、自分の人生を良いものに変えるためのチャンスだと考えてみてはいかがだろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です