セックスレス夫婦の改善方法!夜の夫婦生活が激変する秘密公開

気がついたら、セックスレス!というパターンは多いです。

パートナーを異性として判断できなくなった!という悲惨な意見も聞こえてきます。

一方で結婚後に長年が経過しているのにもかかわらず、衰えることがない夜の営みが継続している夫婦がいます。

化石とは思えるほどの珍しい夫婦が存在するのも事実です。

そこでセックスレスにならないラブラブ夫婦になれる秘密の儀式を紹介します。

 

セックス=究極の愛情表現

「大好き」「愛している」とコミュニケーションに励んだり、キスや抱き合うことも積極的な愛情表現です。

けど、それ以上にセックスをするほうが女性にとっては最高の喜びでありホルモンバランスが整うほど有意義なものです。

一方、男性の中には性的快楽の1つとしているだけで、愛を育む行為として大切にしていない人が増えているようです。

いわゆる草食系男子が急増していて、女性は積極的に求めているとアピールする時代になっています。

男性を振り向かせるには、女性が大胆な行動を遂行するほうが事がうまくいくのかもしれません

 

テクニックを磨く&環境を変える

愛し合っているパートナー同士のセックスは穏やかで気持ち良いでしょう。

しかしながら、同じ体位や方法では飽きてきてマンネリ化してしまう結果、レス状態になりやすいです。

女性でもたまには夫には内緒でAVを鑑賞したり、セックスのテクニック本をAmazonで購入して、少しでも研究してみるほうが良いのかもしれません。

チャレンジ精神こそ、夜の夫婦生活に新鮮な風を呼びこむ秘訣の1つです。

ドMやドSになれ!とか極端に変貌する必要はありません。

自宅からたまにはラブホテルや温泉旅館を利用するなど、ちょっとした変化も大切です。

シチュエーションをアレンジするのもおすすめです。

例えば、ロウソクの火で一緒にお風呂に入って背中を流しあったり湯船に入ると普段とは違って愛しあうテンションが湧き上がりやすいかも。

 

下着を工夫しよう

いつもTシャツやジャージがパジャマだんて、男性は萎えてしまっても仕方がないです。

ネグリジェやセクシー系ランジェリーを身にまとっていますか?

彼が好きな色の下着を買いましょう。

コレは意外にも重要です。

色彩心理学では、カラーと肌の露出を巧みに活用すると大脳辺縁系を刺激して性欲が高まりやすいそうです。

店頭でエッチなパンティーやガードルなどを買うのが恥ずかしいならば通販を利用してみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です