浜崎あゆみ似の整形後は?1億を稼ぐキャバ嬢、一条ありさの稼ぐ哲学

美容整形がお気楽に行えるような風潮になって、昔のような後ろめたさやネガティブなイメージが薄れてきています。

整形テクニックが日々向上しているので、以前よりも安心・安全な施術として多くの女性に認められるようになりました。

その一方、根強い不満の意見も多々あります。

そこで、整形後の女性たちの心境と探求したいと思います。

整形後に1億を稼ぐ女に変身!?

あゆを目指し1億を稼ぐ女に大変身したモデルがいます。

整形したい理由の一つに憧れの有名人に近付きたいという願望があります。

小悪魔agehaなどで活躍しているモデルの一条ありさは、16歳のときに、初めてあゆをテレビで見て衝撃を受けたそうです。

浜崎あゆみ似を目標にして整形がスタート!

高校生のときに、埋没法で二重手術をし、雑誌に出るようになって、顔を日々変えていったのだから整形歴は長いですね。

新宿のキャバ嬢となってから、ヒアルロン酸の整形からは整形三昧!。

目に涙袋ができて、鼻筋も通ったからといって、目の大きさまでは無理でしょう。

ある美容整形の医師が言うには、浜崎あゆみに似せるには、あゆ自身の眼が大きいので、眼球そのものを大きくしないといけないらしいです。

だから、一条ありさの顔つきでどう整形しても無理があるのでは…。

こんなに見開いてて目が乾かないのかなぁ~。

夜キャバへ転向してから整形投資も300万円を超えたのだから根性ありますよね。

あゆの写真を持参して美容整形外科に通いながら、整形に投資したかいがあって、1億円以上を稼いだのだからスゴいです。

身体が資本を地でいっているのだから潔いです。意味ある自己投資だと考えれば有りなのかもしれません。

そんな一条ありさでしたが、30歳を前にしてあゆ化を卒業してナチュラル顔に転向するような美意識になったそうです。

アンチエイジングをしながら美魔女になるために頑張る姿勢を垣間見ていると、ちょっとかわいそうになります。

安易に整形に走る女性をみると、イタいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です