最新ワキガ治療法!剪除法よりレーザー治療器でアポクリン汗腺を楽して撃退

ワキガ処理をどうすれば良いのか思い悩んでストレスやうつ・引きこもりになる人もいます。

 

剪除法のデメリット

私の知人が、ワキガの手術で一般的な「剪除(せんじょ)法」を以前にやりました。

手術内容を聞いて青ざめて怖くなりました。

ワキの皮膚を大胆にも切開して、裏返します。

ワキガの原因となるアポクリン汗腺を直接ハサミで切除してしまう手術なので、外科領域だけあって出血や痛みがあるのは仕方がないです。

この手術では幹部を直に取り除くので、確実に効き目を実家できます。

また、保険適応を行使できるので治療費が安価に抑えられるのがメリットの一つです。

ただし、外科療法による手術するのだから、どうしても傷が残りやすいというデメリットがあります。

剪除法は、医師の力量によっては、アポクリン汗腺の取り忘れがある事例を聞きました。

傷跡がくっくり残る上に、ワキガさえも完治できないと相談者の患者さんが続出しているのが現実です。

大切なのは、剪除法でワキガを治すなら、信頼できる医師を調査して下さい。

なお、残念ながら実際に手術してみないと不明なアポクリン汗腺も部位別に点在していて、思い切って治療に踏み切れないと心配している人が多いです。
最新レーザー治療は、皮膚を切らない!

そこでイチオシなのが、最新のレーザー治療になります。

アポクリン汗腺は、無数の毛穴の各所に存在しているため、黒い部分に反応するレーザー照射して、毛穴ごとアポクリン汗腺を焼ききって破壊します。

ワキガの治療には3~5回程度の照射が原則として必要になります。

また、レーザーを照射するだけなので1回の治療は10~30分程度と、短い時間で処理終了できます。

レーザー治療の治療費が高額なのがデメリットの一つです。

また、アポクリン汗腺は再生能力が非常に高いため、完全に破壊できなかったアポクリン汗腺は復活して、ワキガが再発する危険があります。

剪除法と同じく、ある程度は医師の腕により結果が異なってしまう部分もあるということです。

やはり「切らない」ので、傷が残る心配が全くありません。これは嬉しいはずです。

また、剪除法は手術後1週間程度、患部を安静にしておくダウンタイムが必要になり、日常生活に支障が出てきますが、レーザー治療ならダウンタイムはなく、次の日にはお風呂に入っても大丈夫です。

ワキガは治したいが、傷跡は残したくないという人は、最新のレーザー治療をオススメします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です