歯の矯正のメリットとデメリット!大人と子供の相違も厳選紹介

大人の歯列矯正のメリット

歯列矯正を検討する場合、できるだけ多くの情報を集めて精査し、後から後悔しないようにしたいものです。

大人の歯の矯正、一般的な費用ってどれくらいなのか千差万別ですけど、安くはないです。

子供よりも大人が歯列矯正することによるメリットを考えてみましょう。

まず、大人は子どもと違って、身体の成長期を過ぎているので顔の形や形状の変化が止まっています。

治療計画がとても立てやすいのでスムーズに矯正がしやすいメリットがあります。

矯正期間は長期になるので、どうしても鈍痛や不快感が積もりに積もって継続的なストレスに思い悩むことがあります。

大人と違って子どもの矯正の場合、身体の成長期の真っ最中ですから、治療経過によっては想定外の進行になる可能性があります。

顔面の変化が予想外の成長が起こることで、残念ながら矯正がどうしても長引く事例が多いです。

大人はそのような恐れがすくないのが最大の長所だと言えます。

2つ目のメリットして、矯正終了後は歯並びが悪かった時のコンプレックスを解消できるので、心理的または精神的なストレスを激減できます。

他人の視線を気にしなくなったり、自身の笑顔や歯を見せることに自信が持てます。

喜怒哀楽を大きくすることで表情筋の動きが良くなることで、美容の面でのアンチエイジング効果も期待できます。

また、歯ブラシが行き届きやすくなり、虫歯や歯周病が防ぎやすくなるというのも長期にわたるメリットです。

 

歯列矯正のデメリット

デメリットとしては装置をつけ始めのときに、痛みや違和感をどうしても苦痛になるでしょう。

成人すると子どもよりも歯の移動が緩やかになるので長時間が必要です。

少なく見積もっても大体1年~2年はかかります。

期間が長くなるということは、高額の出費を覚悟しなければいけません。

噛み合わせが微妙にズレるので、あごへの負担や肩こりや頭痛などつらい症状に思い悩む人がいます。

場合によっては、高齢や性別によって、継続した痛みのストレスが原因によって更年期障害に陥る場合もあります。

矯正装置については、歯や歯茎の表側に装着する場合、どうしても見た目が見苦しく感じる女性が多いのも事実です。

口の開閉が煩わしいと思うかもしれません。

唇や頬に装置が擦れて腫れたり口内炎になるのは辛いです。

日常会話においては、装置によって発音がしづらくなる人はしゃべるのが億劫になって引きこもりがちになる人もいます。

近頃は技術革新が目覚ましいので、さまざまな素材があります。

仕事によっては、矯正器具を付けられない方や、ワイヤー矯正の痛みが嫌な方にはセラミック法での歯列矯正がイチオシです。

これは4~5回程度の治療で歯並びが整います。

予算や生活スタイルなど、様々な側面から医師と打ち合わせ相談して、最適な矯正治療を進めて欲しいです。

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です