汚部屋脱出の秘密!春香クリスティーンがゴミ屋敷回避した理由

現在ニュースで話題なのが、愛知県名古屋市の“ゴミ屋敷”で、連日テレビで騒がれています。

季節外れの台風が上陸すると予報があった際に、「ゴミ屋敷のゴミは大丈夫?」と各メディアが取材に殺到した。

メディアのインタビューに、「資産だ」と答えていたゴミ屋敷の主がどういう精神なのか理解できません。しかし、ゴミの山は歩道にまであふれ出しており、この行為は道路交通法違反に該当。

近隣からの苦情も絶えないのは当然でしょう。

各地のゴミ屋敷がメディアにしばしば取り上げられいるが、ゴミ屋敷の住人はなぜこのような行動をしてしまうのだろうか。

 

ゴミ屋敷になる理由

ゴミ屋敷の住人はなぜ、自身の寝るスペースを確保できなくなるほど物を集めてしまうのだろうか。

数々のテレビ番組にも取り上げられ有名だった、ゴミ屋敷の住民は古美術商を継ぎ、収集していたら、こんな状態になっていた」と、以前テレビのインタビューでしゃべっていました。

SNSやネットニュースのコメント欄には様々な投稿があります。

家がゴミ屋敷になるまで放置できる人間の気持ちがわかりません。

本当に資源なのでしょうか?ゴミにしか見えないし、周りに迷惑かけてるとは家の主は感じないのでしょうか?

片付けられないんじゃなくて、片付けを知らないんだ」など、辛辣なコメントが多く見受けられている。

 

ゴミ屋敷を解決する方法

行政がゴミ屋敷を片付けようとすると、数百万単位の税金が投入されることになる。

簡単に解決する方法はないのだろうか?

脳科学者によると、信頼できる人と接する時間を持つのが大切だと言っています。

そういえば、“汚部屋”の住人であった春香クリスティーンは、最近恋人ができ、部屋もキレイになったのだそう!

脳のコントロールができないから問題が生じるのでしょう。

私たちは、前頭葉の働きによって手元にあるものに“序列”をつけ、いるもの、いらないものを判断しているのだとか。しかし、片付けられない人は、この前頭葉の働きが鈍く、価値の序列をつけることができないのだ。

しかし、大切にしたい人ができると、その人との信頼関係を崩したくないと考えるため、“片付けられない”脳をコントロールしようとするそう。

ずっと1人で生活している。恋人のような、親身になって彼のことを考えてくれる存在ができれば、「嫌われたくない!」という気持ちから、状況を変えようとするのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です