ママ友いじめ脱出方法!子育て母親がママ付き合い攻略の真実

出産した産院や、児童館、地域センターなど、出産して間もない新米ママ達の行動範囲は狭く、ママ友と出会える場所は少ないのが現実なのかもしれません。

しかし、そのママ友内でのいじめに悩む女性達も多いとも聞いています。

「ママ友がまわりにいっぱいいて毎日楽しいです!」

とか言っているの母親は、学生気分が抜けきれていないように見えます。

ママ友作りに頑張っていても意味がないし、きちんと子育てすればいいのにと言いたくなります。

子供がイタズラしたり暴れていても知らぬ存ぜぬでママ友とお喋りしているのはひどいです。

お洒落してママ友とランチもいいけど、最低限のやるべき事はやって欲しいです。
はっきり言って迷惑。

赤ちゃん時代のママ友は、自分自身の友達だったから、子供の月齢が近いってだけで他の友達と大差なく楽に付き合えた。

しんどいのは保育園や幼稚園の園のママ友。

ママ友と言いながら友達ではないのが真実です。

まだまだ子供はお母さんにくっついて行動するから、ママ友ともある程度付き合わないと結構ストレートに子供同士の関係にも響くとも聞きます。

子供が絡むと本当厄介ですよね。

いじめはまだ経験した事ないけど身近に子守り押し付けちゃっかりおばさんって結構います。

逆に自分の小学生の娘にママ友の乳幼児くらいの子供預けてゆっくりすればいいじゃーんとか言っちゃう人もいる。

小学生なんかに任せられるわけないし、何かあったら預けた方が悪くされるんだから人の子を面倒見るのも見させるのも簡単に判断すべきじゃない。

小学生になったら途端に楽になった。子供は子供で勝手に気が合う友達を作るし、ある程度自由にさせてやれるし。

親戚のお母さんは兼業だけど子供が小さいうちは専業にならざるを得なかったし、ママ友を作らないと子供にまで影響するから辛いと言っていました。

キツイ地域はほんと大変だと思います。

だけどやっぱりどこかで断ち切ることも必要だと思います。

サラリーマンとして会社で働いているときでも、あまりにもブラックだったら辞職するべきです。

ママ友たちと仲良しグループを離れる決断をしても人生が終わるわけではないのだから、頑張って良い決断をして欲しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です