汚肌習慣で劣化肌を防ぐ方法!汚い肌予防の基礎知識

肌に悪いとわかっていても、やってしまいがちな汚肌習慣を理解していますか?

汚肌習慣の悪循環にはまってしまっていませんか?

手遅れにならないうちに、悪い習慣をリセットするためにも現状把握をして欲しいです。

 

睡眠不足で劣化肌に注意

徹夜など極度の睡眠不足は体に負担がかかって疲れが出て肌もボロボロになります。

適切な睡眠時間は個人差がありますから、人によっては1日8時間は寝ないとダメならしっかり寝ましょう。

深夜のジャンクフードと夜更かしは劣化肌になります。

調子に乗って休日にカラオケでオールをした翌日は肌ボロボロでしばらく回復できなかった経験を思い出しました。

汚肌習慣を作ってしまうのが、睡眠不足です。

ストレスがたまるとつい時間を気にせずオールして発散してしまいたくなりますが、これが原因でしばらく肌再生力が衰えがちになります。

睡眠不足にはご用心です。

 

粗悪な脂肪の取り過ぎ厳禁

生理前にからあげやあぶらっこいものを食べると大量のニキビができやすい女性がいます。

トランス脂肪酸をたくさんふくんでいる食品は避けるように気をつけましょう。

マーガリンやファーストフードなどは明らかに悪玉コレステロールがたまりやすい脂質です。

油っこいものを食べすぎるとニキビの原因になる、とは昔からよく言われています。

しかし、油っこいものを食べなさすぎてお肌と髪がボロボロになってしまったという人もいます。

良質な油で揚げた食品ならある程度は積極的に食べて欲しいです。

リノール酸とリノレン酸の比率が4:1の油は酸化しにくいのでオススメです。

 

栄養バランスの乱れ

インスタントラーメンとかジャンクフードが続き野菜を食べなかったとき。肌が脂っぽくなってニキビもできやすいです

リンゴダイエットをしたときに、栄養不足で肌がボロボロになってしまった人もいます。

ジャンクフードばかり、リンゴばかりなど、偏った食生活を続けていると汚肌をつくる原因になります。

ビタミンとミネラルをバランスよく摂取していますか?

栄養不足を安易に考えていると、お肌だけでなく体もボロボロになってしまいます。

そこで、マルチビタミンのサプリメントとプロテインスコア100のプロテインを摂ってください。

美容と健康の両面で必須アイテムです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です