がん予防&ダイエットなどレモン水の健康効果が凄い理由

レモンという言葉を聞くと、思わず口の中に唾液が分泌されてしまう人も多いはず。しかし、

朝に1杯飲むだけのレモン水ダイエットが大人気です。

レモンはいま米国でさまざまな効能を持つ“健康食品”として、熱い注目を浴びる存在だ。

今回は、健康改善に役立つレモンの効能をお伝えしよう。

 

消化機能を整える

レモンには食物繊維の一種である物質“ペクチン”が含まれている。このペクチンには消化吸収を抑制をしたり、排泄などの消化機能を整えたりする作用があり、それがダイエットに効果的だという。

また、悪玉菌の繁殖を防ぎ腸内環境を整えてくれる働きもあるそうだ。

 

かゆみ減退

蚊に刺されてかゆいときは、レモン果汁を塗るとかゆみ止めになります。

かゆみ止めクリームを持っていないときには使える情報です。

ただし、裂傷などの傷がある場合は話が違います。

外傷にレモンをかけると、最強にしみますので使用禁止です。

 

がん予防

研究によると、レモンなどの柑橘系のフルーツに多く含まれる“リモノイド”という成分には、細胞のダメージを防ぎ、がんの腫瘍が発生するのを防ぐ効果があるという。

いまのうちからレモンジュースを毎日摂取すれば、将来的ながん予防につながる可能性大だ。

 

解熱作用

レモンジュースには熱を下げてくれる作用を期待できます。

風邪予防に最適なビタミンCも豊富で、喉の痛みを和らげる作用もあります。

完全に風邪になる前が良いのですが、風邪で寝込んでいる時にレモンジュースにハチミツを入れて飲んでください。

レモンの酸味を緩和してくれるハチミツには、咳の粘膜の炎症を軽減してくれる働きも嬉しいです。

 

PHバランスを調整

すっぱいレモンは酸性の食品と思われがちですが、実はアルカリ性の食品です。

酸性に傾いた体内のPH(ペーハー)バランスを整えてくれる役割を果たすという。

PHバランスが崩れると免疫力や消化機能の低下など、体調を崩しやすくなります。

ファーストフードやジャンクフードやお菓子類はどうしても酸性に偏りがちになりやすいです。

不健康な食事を連日食べているならレモンなどアルカリ性の食品を召し上がって調整してみよう。
以上、レモンジュースが持つ驚きの健康効果をお伝えしました。

即日でも実践してほしいです。

スーパー等でレモンを買い込み、毎朝1杯のホットレモンウォーターを飲んで、その効能を体感して欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です