子供のアトピー対策!自然免疫を高める6つの食材

アトピーや喘息などの対策として、ステロイド、抗生物質などを子供に与え続けていると副作用みたいな悪影響が怖いです。

一見良くなったよう見えてもどうでしょうか?

生活を見直して生活習慣の改善と身体が「成長」しない限り完治は望めないです。

自然治癒力を活性化するには自然に身をおいてみることです。

自然療養を実践している先生は、西洋医学を学び、それでも不足を感じ漢方や食養学から治療を行なう医師です。

その方によると、表に出る症状を無理やり抑える必要はないと。

発熱も皮膚症状も必要なのだから発生してるだけであって、無理に止めると不健康になるだけだと論じています。

解熱剤もステロイドも一時的に病気を見えなくしているだけであって、身体には多大な負担を強いていると言えます。

全くもってそのように思います。

間違ってほしくないのは、

東洋医学の考えで未病を治しながら体質改善と免疫力を養って強い身体をつくりあげます。

それでも治療が必要な場合は西洋医学のお世話になって投薬などの治療をする。

この流れが最良だと思います。

西洋医学を弾弓するのは間違いです。

東洋医学に心酔してしまって間違った精神世界にハマるほうが怖いです。

柔軟な考え方を堅持しながら東洋医学と西洋医学を上手に取り入れるように意識しましょう。

ところで、体調を整える食材は何でしょうか?

よもぎ:身体を温めます。冷えからくる痛みに有効。
タンポポ:殺菌作用、熱をさまし、腫れをしずめます。
はこべ:成分・薬理作用は不明ながら、民間療法として血液を浄化や催乳作用があります。身体を冷やすのは注意。
ニラ
金時草:鉄分、アントシアニンが豊富。
つるむらさき、へちま、ゴーヤ:ご存知健康沖縄野菜。

これらは苦味成分が効能効果を発揮します。

風味も強くて薬草系の食材だと感じます。

バナナなどの果物とジューサーミキサーでジュースにして飲みながら、徐々に慣らしていくといいと思います。

きな粉や豆乳ベースで蜂蜜などを追加しても美味しく続けられると思います。

続けていると、腸内環境改善に役立つこと間違いないです。

お腹の免疫細胞を活性化するとアトピーや食物アレルギーの改善に直結します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です