ニキビ改善する為の食べ物とニキビ原因の食品を徹底解説

 
突然、顔にできたニキビはテンション下がりますよね。

きちんとメイクを決めても、ニキビ跡を隠すのは大変だし何だかテンションが下がりますよね。

ニキビがたくさんできる時は洗顔するのも大変で苦労しながらどうやって無痛ですむのでしょうか?

その一つとして最適な食べ物を摂ることによって、ニキビ改善できる可能性が高まります。

その逆で、ニキビが悪化する可能性もあります。

今回は、ニキビ予防の食べ物ではなくて、ニキビができた時に、意識したい食べ物についてご紹介します。

 

●食べるのを控えたい食べ物

■糖分や脂肪分の多い食べ物

糖分や脂肪分の多いものを食べ過ぎると、皮脂の分泌が増加し、ニキビが悪化することがあります。

粗悪な油で揚げたスナック菓子や乳脂肪分が多いケーキなどのお菓子類はニキビ菌のエサになりやすいです。

バターやチーズやクリームもできるだけ控えるほうがお肌の調子を整える肌質改善に近づきます。

■刺激ある飲み物

一般的にカフェイン依存症に近い方は摂取を控えるべきです。

紅茶やお茶やコーヒーなどを高カフェイン飲料を深夜の遅い時間に飲んだり、飲み過ぎるとどうしても寝つきが悪くなります。

また、生活リズムが乱れてニキビができやすい状態になりやすいです。

このままだとカフェインが原因で、皮脂分泌を調整するビタミンやミネラルを体内から排出させる作用があるため、過剰皮脂の分泌が問題になりやすいです。

さらに胃腸の具合が悪いくてニキビが発生しやすい人は内臓にも負担がかかるので注意しましょう。

また、アルコールも糖分が多く、皮脂腺を刺激するため控えましょう。

 

●積極的に摂りたい食べ物

■ビタミン・ミネラルを多く含む食べ物

マルチビタミンを摂取しましょう。

ビタミンB群の中でもビタミンB2、B6は、ニキビ原因となる脂質の代謝を促進して、皮脂分泌を抑制する作用があります。

特に卵や青魚、大豆タンパクや納豆などがイチオシです。

さらに、抗酸化作用やコラーゲンの生成を促すビタミンCと一緒に摂ると、さらに効果はアップします。

ビタミンCはいちごやレモンなど、果物類や緑黄色野菜に多く含まれています。

肌の新陳代謝を活発にする亜鉛も、ニキビを治すのに大切なミネラルです。

亜鉛は牡蠣や玄米などに多く含まれています。

こちらもビタミンCと一緒に摂ると吸収率がアップしますので、

ニキビの撃退には、ビタミンB群や亜鉛などのミネラル類を意識した食生活を送るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です