肉フェスTOKYO 2015で食べたいメニュー実食レポ

ワイルドスピード 映画,長門有希ちゃんの消失 アニメ,堀江貴文,WAON チャージ,

第1回目の駒沢オリンピック公園の「肉フェス」は、5日間で約29万人、

第2回目の国営昭和記念公園開催時は11日間で約42万人が来場した、

日本最大級のフードイベントとなりました。

再び「駒沢オリンピック公園」で開催されています。

今回もTVや雑誌などでも紹介されている有名店が出店し、極上「肉」が駒沢公園に集結!!

開催期間中イベント!

会場の入り口にそばにある特設ステージでアイドルのステージが始まっていました。

熱狂的なファンが大きな声で声援を送っているので、すごく会場が賑やかです。

堀江貴文氏が27日がくるそうです。

ニコニコ動画でその模様を配信するそうですので、話の内容をチェックしてみてください。

電子マネーの支払い

電子マネーのシステムを導入しています。

食券のほかに、カードリーダーにて、お持ちのSuicaやPASMO、WAON、楽天Edy 他電子マネーを利用し購入できます。

休日は長蛇の列で、大変混雑しますので、駅やATMで現金をチャージしてからの来場をおススメします。

「熟成肉」や「A5ランク和牛」など

極上肉のオンパレードです。

場所柄か大学生っぽい若い人たちが多く、チケットを片手にパンフレットを凝視。

私もパンフレットをチェック。どれから食べようかな~♪

肉の匠 将泰庵

今回A5ランクの和牛を「握り」で食べられる「肉の匠 将泰庵」が一番楽しみにしています。

史上最高の和牛握りだと思います。

極上の黒毛和牛をサッと炙って握った究極の握り寿司。口の中でとろけるような美味しさが広がります。

ワサビを乗せるとサッパリ食べれるので、すぐに間食しちゃいました。

もんじゃ鉄板焼き 大木屋 匠

寺門ジモンさんがテレビでよく紹介している「大木屋」でした!!

「肉のエアーズロック」が有名。

TVで見た通りのどど~ん!!とデッカイリブロース肉を鉄板で焼いています。

そして焼いた肉を薄切りにし、ピタパンに詰め込んで提供。

物凄いボリューム&文句ない美味しさ!!

シンプルに塩コショウで焼いたプレーンと、フレッシュサルサ、チーズ&マスタードの3種があります。

ビールにはサルサ、チーズ&マスタードにはワイン、そしてプレーンには日本酒・・・など、飲むお酒により味付けを変えられるのが嬉しい。

さぁガブッ!!といって下さいと言わんばかりのボリュームに、大きな口を開けずにはいられません。

門崎熟成肉 格之進

昨年駒沢公園会場でチャンピオンとなった「門崎熟成肉 格之進」が出店しています。

「格之進」は熟成肉ブームの先駆けとして知られ、独自の熟成法で肉の旨味を最大限に引き出した情熱の塊焼きを提供。

お肉を箸で持ち上げると肉汁が落ちて口に入れたくなります。

熟成肉は好き嫌いが分れると思いますが、「格之進」の塊焼きはサッパリとしていてコクが口いっぱいに広がります。

脂身と赤身のバランスがよく、歯ごたえも柔らかいです。

熟成させている肉にありがちな乳臭さは全くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です