ブラックサンダーの新商品「ブラックサンダーゴールド」が激旨い理由

疲れているときに食べるお菓子なのが「ブラックサンダー」と回答する人が多いです。

「やっぱりブラックサンダーですね。美味しい!」と、あの黒い雷神を絶賛する声を聞きます。

久しぶりに食べてみたくなってコンビニへいくと、定番のブラックサンダーの横に、似たようなパッケージを発見。

その名は「ブラックサンダーゴールド」。

ブラックサンダーよりも豪華バージョンなのだろうか。

最近になって発売されたばかりの新商品でした。

価格は定番と比べてたったの10円の差だけです。

「ゴールド」というキャッチフレーズの意味合いや10円の価格差でどのくらい品質が違うのでしょうか?

 

■味の違いは?

味はどのくらい違うんでしょうか?

まずは、通常版を食べてみます。

サクサクとしたハードビスケットに、ほど良い甘みのチョコレート。

口溶けのよいチョコレートが、ザクザクとかみごたえがあるビスケットと絡み合い、小さくてもお腹への満足感があります。

イナズマ級という美味しさを持ちつつ、いつ食べても安定感のあるバランスの良い美味しさです。

次にゴールドを食べてみます。

開けて見ると、やや重く、チョコレートのコーティングがぽってりとしていて厚めです。

そして、ひと口食べてみると…

おおーーっ!チョコレートの重量感が全然違います。

そして、なかのチョコチャンクもゴロゴロと大きめで、ずっしりとした食感はいいですね。

チョコレートの本場、ベルギー、イタリアなどのショコラに使われているガナッシュに似たような余韻とコクを上手に融合して再現しています。

、キャッチコピーの「本場の味」には偽りナシです!

センターのチョコチャンクのおかげで満腹感があるし、チョコの甘みを繊細にかえてくれて、ブラックサンダーの利点である “ザクザク食感” が最高です。

食べ心地を満喫しながら、濃厚なコクと甘みが合致していてバランスよいです。

どっしりと重厚感がある食感は、さすがゴールド。

一本食べたら、かなりお腹がいっぱいになりました。

この濃い旨味をたったの10円違いでやってのけるとは、すばらしいです。

有楽製菓さんの力量を存分に楽しめる力作お菓子だと改めて感動しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です