太りにくいランチ時間とダイエット秘密の方法

働くダイエット中の女性が最適な昼食の時間帯をご存知ですか?

その時間とは、なんと14~15時です。

この間にランチを摂ると、食べても太りにくいそうです。

そのメカニズムについてお伝えしていこう。
■脂肪の蓄積“BMAL1”の量と関係

“BMAL1(ビーマルワン)”とは、誰しもが体内に持つタンパク質の一種で、“朝起きて夜寝る”というような生活リズムを整える作用があります。

しかし、“BMAL1”の働きはそれだけではなく、“脂肪を作ってため込む酵素を増やす”働きがあることもわかっている。

つまり“BMAL1”が多い時間帯に食事をすると、太りやすくなるということを意味している。

“BMAL1”が多い時間帯というのはいつなのだろうか?
■“BMAL1”は変動する

“BMAL1”は、早朝から太陽が照る日中に向けて数が少なくなります。

もっとも数が少ないのが、14時頃です。

この時間に食事をすると良いといわれる理由である。

食事をしても太りにくい時間帯を理解したなら、“太りやすい時間帯”について解説します。

22時~深夜2時。

この間に“BMAL1”の数は、14時頃と比べると約20倍にも倍増してしまいます。

深夜に食べると肥満体になりやすい理由が判明しました。

しかしながら、働き女子にとって夕食の時間が遅くなるのはよくあります。

できるだけ、就寝中に血流促進して、むくみや疲労回復に良いとされている納豆、トマト、消化酵素が良くて胃腸を整える食材が良いです。
以上、ダイエット女子にオススメな“食べても太りにくい食事時間”について説明しました。

きついダイエットに熱中してリバウンドするならば、

食事の時間を変えるダイエットのほうが継続しやすいはずです。

今後は“BMAL1”の数が少ない時間帯に食事を摂って、スリムボディを目指してみてはいかがだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です