つんく声帯摘出手術した咽喉ガンの予防法

音楽プロデューサーのつんく♂(46)が喉頭ガンで声帯摘出手術を受けたことを発表した件で衝撃を受けました。

昨年には「完全寛解」を発表していたが、再発したという。

自分は大丈夫だろうかと不安に感じた人も多いことだろう。

2009年に死去した故忌野清志郎も喉頭ガンだったが、彼は声帯摘出の道は選ばなかった。

それを聞いたつんく♂は、「一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました」と、今回の手術に踏み切ったという。

こうした咽喉ガンの5年生存率は70%あるといわれています。

しかし「完全寛解」と言われたつんく♂は半年も経たずに再発したのだからショックは大きです。

原因はさまざまあげられているが、男性の場合、一般に咽喉ガンの患者は95%以上が喫煙者というデータが出ており、タバコが一番の大敵とされている。

とは言ってもタバコをやめれば咽喉ガンにかからないという保証が1ミリもないです。

医療ライターが語る。

咽喉ガンの原因は一概に決めつけられない。発ガン性物質をためこまない体質改善するのが最も大切です。

喉を労るために体を温めて冷え性対策をしっかりして、血行促進と消炎作用効果がある生姜、大根、はちみつ、ねぎなどを取ることが効果的だという。

また、逆にチョコレートや牛乳はのどには刺激が強く痰が出やすくなるので多量の摂取は避けたほうが良いようです。

また、のどが痛んだ時にはツボを指圧するような対処療法もあります。

効果が期待できるツボは足首の外側のくるぶしの下にあり、押すと多少痛いこのツボを何回も刺激していると、のどの痛みが緩和されていくという。

血行を良くして代謝を上げるのは健康維持の大原則です。冷えは万病の元と言われるほどですから体温調節は必要です。

のどがちょっと痛いからと言って軽視してはダメです。

咳がコンコンと出るだけでナメてかかると大きな代償になりかねません。

毎日の予防とケアを意識するほうが安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です