老け顔原因はAGEs!深いシワ・ほうれい線が目立つダメな習慣

安心してください。ほうれい線は消すことができます。

「えっ!そんなのウソ!」と考えているのは間違いです。

今回は、ほうれい線が出来やすい人の特徴と対策を解説します。

 

■ほうれい線の原因

ほうれい線できる理由は、皮膚の老化と表情筋のダメージと衰えが理由です。

この老化を起こす原因物質を“AGEs”と呼ばれます。

体内の糖分が過剰になって体の細胞を再生しているタンパク質が糖と組織を生成する物質です。

AGEsは、皮膚の新陳代謝を激減さえるので肌力が落ちてしまって、ほうれい線を作ってしまいます。

 

■ほうれい線の原因の食材

AGEsを作らないためにも、避けた方が良い身近な食材ベスト3を紹介します。

血糖値を急激に上げてしまう食べ物です。

(1)アメ類。大阪で受け渡しの習慣。眠け覚ましや口臭予防に食べる人が多い。

(2)パン類。朝食や昼食で毎日食べる人が多いです。

(3)パスタ類。実は麺類全般です。

焼きそば、ラーメン、スパゲティーなどいずれの麺類好きの方は週3日以上は食べているのではないでしょうか?

粉類は消化吸収率が早いのが問題です。

これらの食生活に含まれている人は要注意です。

食物繊維をしっかりとって、血糖値を急激に上昇させてしまう食材は食べ過ぎに注意してください。

 

■AGEsできやすい生活習慣

AGEsを作らないためには、食事のほかに、生活習慣も注意して欲しい点があります。

まず、運動不足や筋肉を鍛えていない人は注意してください。

筋肉は食事由来の糖質を吸収し血糖値をコントロールしてくれます。

いきなりスポーツクラブに通う必要はないです。

軽い運動を始めるのであれば、エレベーターやエスカレーターを使わないで階段を使用したり、

軽いスクワットをするなど、日常生活から筋肉を使いましょう。
■笑顔はほうれい線の原因ではない

笑顔でいるとほうれい線ができるのはウソです。

笑顔を避けたり、引きつった笑顔を作るのは無駄です。

口角をあげて大げさな笑顔をするほうが、ほうれい線の予防になります。

口周りの筋肉や頬の筋肉を鍛えることで、表情筋の衰退を抑えることができます。

毎日のライフスタイルを注意することで笑顔でキュートに過ごしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です