米マイクロソフトが自閉症対象の正社員雇用プログラムをテスト導入

 

米マイクロソフト社が、自閉症を抱える人々を正社員として雇用するプログラムを試験的に導入することを発表した。

「自閉症の社員は会社に必要な力」だと言い切るところがスゴいですね。

同社のワールドワイド・オペレーションCVP(コーポレート・バイスプレジデント)メアリー・エレン・スミス氏が発表した内容によると、同プログラムはワシントン州レドモンドにある本社でスタートするそうです。

今回の取り組みに至った経緯が気になります。

自閉症の人は際立った個性の持ち主です。

優れた記憶力や計算能力や創造性などをもっています。

彼らの才能を、マイクロソフトが必要としている技量を発揮してくれると判断しています。

自閉症の人材は、我々が継続して会社に招き入れたいタレントプールだ」とコメント。

また、会社としても様々な消費者に対応するために多様性をもつべきだとし、

自閉症だけに留まらず、各種障害をもつ人々の雇用を積極的に実践するとの考えを示唆したことを評価したいです。

実はスミス氏も、自閉症の子どもをもつ母だと、世間では知らない人が多いでしょう。

19歳になる息子のショーンさんは、4歳のときに自閉症であると診断されたものの現在は大学の1年生でアルバイトもしているそうです。

自閉症を抱えて社会人になるのは、一見するとハンデキャップだと考えてしまいます。

しかし、社会や職場が自閉症や障害をもつ人々の支援を率先して宣言して行動するのは素晴らしいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です