宿便とれる乳酸菌ヨーグルトアイスの美味しい作り方

 

今回の健康食は、夏にうれしい爽やかお腹もスッキリ乳酸菌入りアイスの登場です。まぜて凍らすだけの即席レシピ、ぜひお試しください♪

簡単!アイスヨーグルト

おなかに老廃物を一掃するヨーグルトの爽やかアイスです。

楽しく便秘解消と美肌改善できる方法です。

以下、簡単なレシピです。

●無糖ヨーグルト(プレーンヨーグルト)

●アイスクリーム(好きなメーカー)

●練乳(好きなメーカーをお選び下さい)

●レモン汁(瓶入りのレモン汁でも可)or グレープフルーツ

※分量は全てお好みで調整してください。

【1】容器に好みのヨーグルトを入れ、好みの甘さになるよう練乳を加えてよく混ぜます。

酸っぱいのが好きな人は、レモン汁を少々を加えましょう。

グレープフルーツの絞り汁は好みがわかれますけど、レモンより酸味が弱くて甘味に深みが増します。

【2】冷凍庫用の蓋をして、冷凍庫に平らに入れます。

入れ物の下を叩いて空気を抜いてあげると、キレイに固まります。

【3】時間があれば固まる前に何度か全体をよくかき混ぜましょう。

完全凍らせて解凍すると、水分が出て味わいと風味が落ちます。

この作業をしてあげると滑らかな舌触りで美味しく召し上がれます。

ザクザク食感が好きなら、かき混ぜる作業を省いても構いません。

お好みの硬さになったら、スプーンで取りながら容器に盛り付けます。

なお、ちょっと豪華な盛り付け例として、

ブドウやリンゴやバナナ等のフルーツを盛り付けるのがオススメです。

私はハーゲンダッツのバニラアイスクリームを添えて食べるのが好きです。

練乳のほのかな甘みとレモン風味の酸味が効いて、夏に相応しい味です。

美味しく作るポイントは、加糖ヨーグルトより無糖ヨーグルトを選択しましょう。

甘さや酸味を調節できるので、無糖が良いですよ。

ヨーグルトの乳酸菌を積極的にとってポッコリお腹もスッキリ!

整腸作用を利用して毎日食べると、宿便を一掃できて気分もルンルンです。

ヨーグルト菌は冷凍しても効果が落ちません。

レモン汁やフルーツ類のビタミン・ミネラルの中でも

ビタミンCには夏風邪予防の効能を期待できます。

朝食やおやつや夕食後の口直しや、お客様がいらした時にお茶菓子の代わりにも喜ばれます。

いろいろアレンジできるのでご自分の好きな味や盛り合わせにして楽しみましょう。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です