夜行バスで女性の注意事項!男女隣り合わせ席、痴漢・スリ・置引など予防策

長距離移動で、コストを重視したいときに便利なのが「夜行バス」です。

時間はかかりますが、夜の時間を活用することでデメリットは小さくなります。

もしも夜行バスで男女隣り合わせになったら、どんな点に注意すればいいのでしょうか?

「こんな妄想癖の女性に隣に座られた日には、男も大変だ」という男性もいます。

おおよそ痴漢には縁がない被害者意識が強すぎる外見のはずなのに、何を勘違いしているのかしら…と考えている男性は多いです。

痴漢の冤罪になりそうで怖いです。基本は3列シートが安全かもしれません。

女の自意識過剰だと思う人は、少なくとも痴漢をする人ではないんだろうから逆にまともだと思います。

そういう人ばかりだと安心なんだけど、実際は痴漢って男が思うより多いし、必ずしも美人が狙われるとも限りません。

俗にいうブスでも被害に遭うから、被害に遭っても周りからは自意識過剰じゃない?と言われ被害者扱いされないのを分かっています。

だから自衛するしかない。別にブスが女性専用車両にいても誰にも迷惑かけていないので放っといてほしいです。

痴漢しない男性からしたら、痴漢なんて本当にいるの?って思うかもしれませんが…。

電車だったらマジですごい確率でいます。

冤罪だとか、自意識過剰だとか、想像だとか、ブスがどうたらとかそいう問題ではないです。

現実問題、相当数いるから女性車両が採用されたのです。

それより深夜バスでずっと寝てて休憩でSAにおりた時にまちがったふりして堂々とバスに乗り窃盗する人に気をつけましょうとテレビで言ってました。

乗るときは3列独立シート、もしくは1+2列シートで独立席を取る、のいずれかにするほうが自衛になります。

並び席は絶対取りません。空いてなければ諦めます。

隣に男性がきたときは怖いし、女性がきても知らない人ですから安心はできません。

リックライニングをめっちゃ下げている人がいて、その後ろに座ったると狭すぎて最悪でした。

主にオッサンやオバサンのマナーの悪さも気になります。

肘掛け占領したり、大股開きしたり、ずーっと鼻や口から変な音出し続けたり、くっさい足を膝に載せて人のほうに突き出したり、悪意なく荷物間違えたり、枚挙にいとまがないです。

男性も、無駄な冤罪に巻き込まれないように注意しましょう。カネ目的の女も沢山います。

コストや予定が気になるのはもちろんですが、身の安全に変えられるものではありません。

最初から「男女隣り合わせになってしまう可能性」を排除しておくべき!という意見も目立ちました。

安易に予約を入れるのではなく、さまざまな会社のプランを検討した方が良いでしょう。

夜行バスに一人で乗車する際には、乗る前の準備が肝心なようです。

何も想定していなければ、最悪の事態も考えられます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です