恋愛と結婚相手が自分とは違う場合の理由と原因を徹底解説

好きになるタイプと好かれるタイプが違う

自分磨きに一生懸命な人に誰しも言い寄ってくる人が出現するとは限りません。

しかも理想な人がやってくるとは断言できないのが悲しい現実です。

また、自分が好きなタイプが必ず自分に最適な相手で幸せな恋愛関係になるとは言えません。

付き合うなら自分に合うタイプが幸せになれるに決まっています。

家庭的で仕事ができるとは言えない男性が、キャリアウーマン志向のバリバリ仕事をこなす女性に憧れる場合が多いです。

この二人のタイプが恋愛から結婚しても、相反する者同士が惹かれることがあっても私生活が成り立つ保障はどこにもありません。

むしろ、喧嘩するほうが多いでしょう。

結婚生活では、自分にない部分を相手に補ってもらう、つまり、自分とは相反する相手に魅了されてプラスマイナスゼロにするのが因果関係なのかもしれません。

この理論から推測すると、自分とは相反するタイプが一番自分に合う人であって幸せになれるのかもしれません。

キャリアウーマンには家庭的な男性が、良妻賢母には仕事人間の男性が、お互いに理想の相手ということになります。

話は変わりますが、特定の人を好きになるとき、ご自分は恋愛をしたいのか?好きな感情をもっているだけで満足したいのか?

この2つは違うベクトルの意味合いであるのをきちんと理解しましょう。

「好きな感情」だけで良いのであれば、両思いでいる必要はないです。

あなたが片思いしているだけで全てが成立しています。

一方で、恋愛しかも結婚となると両思いが成立条件になります。

大好きな人に好かれるのが最良ですけど、それがダメなら、好きだと思ってくれる人を好きになる努力が必要な時代かもしれません。

「恋している相手に好かれない、どうでもいい人に好かれる」という事が頻繁な人は、ご自分の事を好きだと意識している人に対して興味を持つ方が精神安定できるかもしれません。

 

今年度、幸せな恋愛をする戦略?

自分が幸せになることを考えて、恋愛を楽しもう!

幸せな恋愛をしたいなら、自分軸をしっかりもって楽しい毎日を過ごしましょう。

そして、輝きを放てるライフスタイルを大切にしましょう。

幸せな人には良き出会いが巡ってきます。

無理して幸せになろうとしても縁が遠のくだけです。

無理に恋愛をしても、自分も相手も苦しむだけですから、

恋を控える方向性も大切な時期があると思います。

恋人がいない一年を無駄にすごしていると思うことが間違っています。

ちょっとした利己でも構わないから、自分が幸せを噛みしめる時間を過ごしましょう。

他人より自分のご機嫌をとりましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です