知らないと大損!年末調整で得する王道を暴露

会社員の人は給与所得を得ていますので、“年末調整”がとても大切です。

毎年適当に済ませるのはとてももったいないです。

知っているのと知らないとでは大きな損得になるので、きちんと知って記入するべきです。

そこで、年末調整の基本概念と得できるポイントを公開します。

年末調整は税金納めるしくみ

会社でもらう“年末調整”の書類をしっかり読んでいますか?

細かい文字ばかりだから敬遠している人は注意しましょう。

ここにはお金が返ってくる要因が隠されているかもしれません。

つまり、税金を取り戻せる大きなチャンスだと気づかないのはもったいないです。

毎月の給料をもらうときには、税金と社会保険料が天引きされています。

会社が税金を徴収しているのは事実ですけど、とり過ぎた分を取り戻せる方法が“年末調整”です。

会社は、雇用者が納める義務の所得税や復興特別所得税を、給料から前倒しして天引きして代わりに納めています。

これがいわゆる“源泉徴収”になります。

天引き額は当月の月給と残業代を基本にして計算しています。

ここで理解するべきなのが、所得税や復興特別所得税は、1年間トータルの収入に対して課税される課目です。
毎月の給料から天引きされていた税金は、正確な金額ではありません。

12月の給料を会社からあてがわれて年収がきまると、納めるべき税金よりも、天引きされていた税金が多くなることがあります。

その余剰分を返金してもらうために、納税者は“年末調整”が必要になります。

保険加入者に税金返金の可能性アリ

会社にお勤めしている方は年末調整の書類に、名前の記入と押印さえすれば、あまり細かく書かなくても、税金は調整してもらえます。

特に、4月に新入社員になった人や、年の途中で就職した人、ある月だけ残業がやたらと多かった人などは、税金が戻ってくる可能性が高いです。

さらに税金を取り戻すには、知識がないのは大損してしまいます。

税金には控除という優遇制度があるのを知っていますか?

自分で申告することで、税金が差引される可能性があります。

保険に加入している人は必ず確認して下さい。

生命保険や医療保険、個人年金などの保険をかけている人は、“生命保険料控除”の優遇制度をしっかり活用しましょう。

年末調整のときに、『給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書』という書類を出しましょう。

また、保険会社から送付される『保険料控除証明書』という書類をつけると、税金分が戻ってきます。

他にも、地震保険ならば“地震保険料控除”、住宅ローンを借りている人は、“住宅ローン控除”、当年中に結婚して、パートナーを扶養に入れた人は“配偶者控除”など、税金が戻ってくるポイントはたくさんあります。

年末調整を出す前に、自分にあてはまるものがないかどうか、ぜひチェックしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です