年末年始に太らない食事ルールを徹底解明

忘年会やクリスマスパーティ、帰省、新年会など、イベントが続く年末年始は体調管理に注意しましょう。
ついつい食べ過ぎて体重や体型が気になりやすい時期でもあります。
しかし、そんな危険な時期でも、正しい知識と知恵を働かしてちょっとした工夫すれば年末年始の体重コントロールができるのを認識しましょう。
「食事とダイエットの関係性」を熟知して実践するために、栄養学の知識を養って観年末年始の食事法を勉強しましょう。

年末年始は行事やイベントが多い季節なので、毎年どうしても外食が増えて、太りやすくなってします方も多いのではないでしょうか。
統計学的な検知によると、12月から1月中旬にかけての一ヶ月半だけで、平均2キログラム体重が増えてしまうという衝撃な結果が算出されています。

その理由はいたって簡単で、単純に食べすぎ、食事量が増えているからです。
当然、カロリーオーバーにもなりやすいです。

また、食事の時間帯やバランスが乱れやすいのも問題です。
食べる量が普段より減っていても高カロリーの食品を食べる機会が多くなったり、食事を召し上がるよりお酒の量が自然に増まうと、ビタミン・ミネラルが不足する代わりに摂取カロリーが過剰になります。
その結果、一日の理想の栄養バランスが崩れてしまいます。
それが原因となって肥満体型に近づいてしまいます。

一日の摂取カロリーの目安を意識して、炭水化物、タンパク質、野菜・果物類、乳製品・卵などをバランスよくとることを意識すると、年末年始でも体型と体重をキープすることができます。

なお、食事時間は決まっていますか?

この時期になるとご飯をたべる時間がバラバラになりやすいのが肥満遺伝子が目覚めるキッカケになりやすいと言われています。
今までは痩せていたのに、年末年始の過ごし方によって肥満症の初期段階になる人がいます。
本来、食事の時間もできるだけ一定にするほうが体調維持には大切です。
しかしながら、年末年始は夜の食事が多くなるからという理由で、朝食や昼食を抜いたりする人は肥満予備軍になりやすいです。
空腹時にドカ食いすると一気に食べまくるので血糖値があっという間に急上昇してしまって異常なほど食欲が増します。
同時に、今までの枯渇状態だった反動で普段より体にカロリーを摂取されやすくなります。
つまり、空腹感から大量に食べるのは非常に危ないです。
良かれと思ってやっていたことが、逆効果ですから注意して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です