高所得者が宝くじを絶対に購入しない理由

高所得の知人は、宝くじを買いません。

ドリームジャンボ宝くじなどの単語すら会話にでないので、話題にのぼることもありません。

宝くじ売り場の行列を見て冷ややかな視線を投げかけるほど興味ありません。

なぜでしょうか?お金持ちが宝くじを買わない理由を検証します。

 

当選確率が低い!

ジャンボ宝くじの場合、1等を当てる確率は、1,000万分の1です。

1,000万分の1という確率をイメージするのは難しいです。

そこで、東京ドームの収容人数を45,000人だと仮定すると、

東京ドーム約222個にの中から1人が当選するのと同じ確率だなんて信じられません。

こうなると理解不能になります。

交通事故に遭遇する確率より低いです。

つまり宝くじを購入する行為はほぼ意味がないと気づきます。

「購入しないと当選する可能性はゼロでしょう」と発言する人がいるけど、

購入しても限りなく当たらないなら、

交通事故に遭うより低確率なら、無意味だと認めるべきです。

1枚300円の商品を当たらないのに10倍の3,000円支払うのは大損です。

お金持ちの思考から考えるとこれほどバカらしい投資はないはずです。

 

宝くじの胴元が確実に儲かるシステム

お金持ちは宝くじに投資する行為が「割にあわない」と即断します。

宝くじの配当率は47%だと言われています。

この数値を考えると、他のギャンブルに比較すると、還元率が非常に低いです。

宝くじを買った人はどうあがいても儲かりにくいシステムだと言えます。

一方、FXはテラ銭が1ドル(118円)あたり0.3銭前後です。

ギャンブルだと断定はできないFXのほうが、確実性が高いです。

テクニカルやファンダメンタルズ分析などを勉強して実践すれば勝率を上がられる可能性があります。

宝くじは購入する、以上お終い!ですから、神頼みしかできません。

宝くじは買い手にとってこれほど理不尽なものだと言えます。

そこで気になるのは、宝くじのテラ銭はどこに流れるのでしょうか?

基本的には地方自治体が潤う構造になっています。

地方自治体は地元のためにお金を流用するはすです。建前上…。

宝くじ買うのは「社会貢献」の寄附行為とも言えそうです。

実は、「天下り先への資金提供」に当てているとも言えます。

特殊法人の「日本宝くじ協会、自治総合センター、宝くじ事務協議会」などにも宝くじの売上金が流れているのが問題です。

つまり、宝くじを買うことで、他人の給料や退職金に献上している可能性が高いのです。

アホらしいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です