無意識だから要注意! 食事デートでドン引きする異性の行動

食事デートは定番だからこそ、押さえておきたいポイントがいくつかあります

食事デートで嫌われる行動は、「本人は無意識に行っている」ことが多いようです。

悪い癖や習慣は意識をしないと直せません。

悪い癖が出ていたら、周りの人間に指摘してもらうように取り決めておくと、比較的すぐに改善されますよ。

食事デート

デートの定番といえば食事ですよね。

食事をしながら打合せや交渉をすると、依頼が通過しやすい「ランチョン・テクニック」が心理学でもいわれています。

食事は快楽と深い関係があって、食事しながら相手と話しあうと無意識で好意的な感情を抱きやすいです。

デートに誘い出せた(誘われた)ならば、「嫌われてはいない」というのを認識しましょう。

しかし、食事デートが原因で相手から嫌われてしまうこともあります。

「一緒にいると疲れる」「会話が面白くない」「性格があわない」など、

デート全般で嫌われるパターンが大きいです。

食べ方が汚い

食事をしている相手の食べ方が汚いと、一気に熱が冷めやすいです。

たとえ美人美男であっても口いっぱい頬張って中が見えたり、

クチャラー(噛む音を出す人)ならば、恋人になってほしくないです。

豪快に食べるのも限界を設定してほしい、と語る人がいます。

小食で残すのは仕方なくても、皿の上が食材でぐちゃぐちゃした光景は最悪です。

作った人への敬意が感じられない人は、貴方への対応も雑になりやすいです。

好き嫌いが多くて、自分の好きなものだけを取る人も論外です。

コレに加えて、おいしく食べているメニューを、不味いと言いながら文句ばかりしゃべる人も格下げです。

こうなるとマナー以前の問題であって、相手を不愉快にさせる食べ方には注意して下さい。

食事中のタバコ

レストランでの禁煙・分煙化が進み、喫煙者は邪魔な存在になっています。

チェーンスモーカーと食事をすると、副流煙で食事の旨味が落ちるし、吸わない人の健康被害報告があります。

吸ってもいいけど、せめて『吸ってもいいですか?」と一声掛けてほしい。

当然のように吸われたら腹が立ちます。

嫌煙者は急増しているから、食事中のタバコは一切やめておくべきです。

お会計

長年言われ続けているお会計問題。決着がつく日は来るのでしょうか……。

払う気でいるけど、『男が払って当然』という態度をとられたら、払う気が失せます。

稼ぎの良い男にデートに誘われて、いざ割り勘って言われたら引くかも!という意見もありました。

どれくらい金銭的余裕があるか、二人の年齢や関係性によって、お会計の考え方は違います。

二人の関係性に合った支払いスタイルが確立されていくできです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です