割り勘が当たり前!遊び食事デートの支払いの礼儀作法

男女の意見の相違は永遠のテーマです。

その中でもデートでの支払いに関して相違が話題になっています。

「男性が奢るのが当然」という女性は注目してほしいです。

■“男性がすべて払う”と決めつけるのは無神経かもしれません。

今は平均的に見たらまだ給与面で男性優位だから、平均的に見て「男性が多く出す傾向」があるのは良いけど、それは「男性だから」ではなく「収入が多いから」であるべきです。

もちろん女性のほうが収入があるカップルは、支払いが偏るなら女性のほうが多く出すのはアリです。

現代では「男性だから多く出すべき」というのは、「女性だから家事を多くやるべき」と同じくらい時代錯誤でしょう。

そういう現状を踏まえて“割り勘”か“交代制”での支払いが健全だと言えます。

「男が支払うべきだ」と考えている稼いでいる男性であるならばべつですけど、

損得勘定を露呈した女性と二人きりで食時に行きたくないのが男性の本音です。

奢られて当然と考えてる女子は、食べ物以外でもたかってきて卑しい人が多かったです。

一緒にデートしていてずかしいし、自分は「愛され女子」と思い込んでいるタイプだと疲れます。

女性心を掴む上で、普段のデートは割り勘でも良いと思う女性に対しては、

男性は年に数回のイベントに頑張って奮発してお金を使うと、女心としては嬉しいです。

クリスマスや二人の記念日などに男性が太っ腹の態度をみせると、女性は喜ぶでしょう。

一方で、女性は彼氏や旦那さんの誕生日や出世祝いなどの時には、お金を使ってお祝いしてあげて下さい。

 面白い意見の中には、素敵な男性と経験がない女性はいつも奢られるものと思い込んでいます。

いい女の大多数は自らも出します。

検証してみると、1円も出そうとしない女性はどうも育ちが良くないと感じています。

損得勘定で恋愛しないほうが後々良いです。

男が出しても構いませんが、仕事でもプライベートでもお礼しない人とは将来性の発展がないでしょう。

 付き合ってなければ基本として「割り勘派」が増えています。

その理由として、貸しを作るような気分になるのが嫌というコメントが多いです。

割り勘を提案しても奢ると言われれば素直にご馳走になるのは礼儀正しいです。

もちろんその場でお礼をして、後日も改めてお礼するのが大人の礼儀礼節だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です