天才は昼寝効果を活用!10分だけの仮眠が免疫力を強化する秘密の理由

歴史上の偉業を成し遂げた人々は昼寝を習慣化していました。

昼寝を積極的に取り入れていた偉人が昼寝効果を証明してくれたと言っても過言ではありません。

一日3時間しか寝なかったことで有名なナポレオンも昼寝の達人だったし、

ルネサンスの天才、レオナルド・ダ・ヴィンチに至っては、4時間ごとに15分の昼寝をして、スッキリ爽快感の状態を保っていたのだから素晴らしいです。

「頭が良くなる方法=昼寝」というのはウソではないのかもしれません。

最近では世間一般でも昼寝の効能が周知の事実として容認されるようになって、企業によってはオフィスに仮眠用の休憩室を設置している会社もあります。

今では睡眠の研究が進んで、「わずか10分の仮眠が免疫力を強化する」という論文が注目されています。

昼寝や仮眠も含め、睡眠には免疫力を高めるボス細胞(樹状細胞)を回復させる効果があります。

運動や仕事などで身体や頭が疲れたり、ストレスがたまると、活性酸素が発生して細胞を傷つけます。

そのときに、免疫細胞もダメージをうけるので免疫力が低下してしまいます。

それを回復させるのが、睡眠の効き目です。

今度は睡眠中に疲労因子の働きを阻害する「疲労回復因子」というものが出てきて、傷ついた細胞を修復してくれます。

仮眠でもかまわないので、とにかく寝ることが重要です。

これからは日中に疲れを感じるときには、10分でも仮眠しましょう。

仕事の合間に仮眠をとると、仮眠後には頭がすっきりとします。

目を閉じるだけでも疲労回復効果になるので実践しないのはもったいないです。

ちなみに、私は酸素カプセルを利用して短時間で深い眠りに入れる体験をしました。

高価ですけど仕事の効率が上がるなら安いので購入しました。

ただし、「休みの日の昼寝は3時間寝てしまう。」という意見がありましたけど、

こうなると昼寝じゃなくて、もう熟睡かもしれません。

脳細胞の活性化につながる昼寝の効果は、短時間昼寝なのでお間違いなくおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です