高倉健の死を悼んむ草なぎ剛と香取慎吾

高倉健さんの死をどの芸能人よりも悼んでいるのがSMAPの香取慎吾と草なぎ剛だという。

ジャニーズの生き字引が高倉健と同じ土俵に上がる事が、100万年早い!という意見もあります。

1960年代に任侠映画で支持を集め、「幸福の黄色いハンカチ」「鉄道員」などの主演で知られる俳優の高倉健が11月10日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去したけど、ジャニーズと比べるのはもったいないです。

香取と草なぎにテレビの生放送で唯一、ダメ出しをしたのが健さんだったのは本当でしょうか?

2年前に『SmaSTATION!!』(テレビ朝日)に健さんが『あなたへ』の映画の宣伝のために出演したんです。

番組の中で映画に出演していた草なぎは、健さんに自分の演技に対する感想を求めた。

健さんがいきなりのダメだしを連発。ドラマ『任侠ヘルパー』では健さんを意識したという草なぎに対し『役が合わない』と一蹴。

映画『あなたへ』の演技については、『う~ん。ちょっと役が足らない』とバッサリ斬り捨てられた映像を見ました。

 健さんのダメだしは、番組司会の香取も対象にしました。

若い人にはわざと厳しく、きつく当たるんなら、何も香取と草なぎだけに言ってるわけではないはずです。

どの芸能人よりも悼んでいるのが香取と草なぎと断定するのは言いすぎでしょう。

健さんじゃない人がジャニーズにケチをつけたら芸能界を追放される可能性が高いです。

田原俊彦のように圧力かけて追放されたら人生真っ暗です。

だから、高倉健さんのダメ出しは素晴らしいと思います。

そもそも役者さんは、アイドルが演技を熱く語ってると怒らないのかなぁ?

アイドルが主演俳優に抜擢されて、俳優さんが脇役のドラマばかりで面白くないです。

俳優さんの本音がどうなのかな。

厳しく言ってもらえる間が華でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です