忘年会・飲み会の肥満むくみの秘密の方法

忘年会や新年会や卒業式や合コンなど、様々なイベントに参加すると楽しいです。

ところが、遅い時間までお酒を飲みながら食事をしていると、睡眠時間も減ってホルモンバランスが乱れて身体に悪影響を及ぼします。

こんなときに、体重が増えたりむくんだりデメリットな心身になるのは損するだけです。

こんなことを繰り返すのは無駄ですから、スッキリボディを維持できる秘密の方法を検証しました。

お酒と水orウーロン茶を飲む

アルコールが苦手であろうとなかろうと、お酒を飲むと同時に水かウーロン茶を飲んでいきましょう。

「お酒のおつまみに最適なのはお水」と誰かが言っていたのを思い出しました。

これは本当で、飲酒によるアルコール濃度が薄まるのでアルコールを分解しやすいわれています。

水やウーロン茶は冷たいものより身体の代謝を上げる温かいものがおすすめです。

おつまみを工夫

海藻類はおつまみの塩分を洗い流してくれます。

甲殻類や貝類はアルコールの分解を助けてくれます。

忘年会の影響を最小限にするためにも、むくみの原因を早めに排出するためにも、

食事やつまみは「海」のものを選びましょう。

バナナが最高

バナナはむくみの原因となる塩分を、水分と一緒に尿として排出するカリウムを含む食品です。

むくみ対策になるし、飲み会での食事はどうしても栄養バランスが偏るので注意しましょう。

バナナは身体が必要としている栄養を補給しましょう。

酔い抜けた時の温冷シャワー

むくみを排出するためには半身浴がおすすめです。

酔った状態での入浴は危険ですので、酔いが抜けたら温冷シャワーが最良です。

手足の先などの末端を中心にお湯と冷たい水を繰り返しかけることで代謝促進できます。

500mlの水

忘年会後のケアは水分補給です。

たっぷりのお酒を飲んで水分補給した気になっていても、

実はお酒の利尿作用によって体内の水分バランスは崩れています。

これがむくみを引き起こします。最低でも500mlの水分を補給しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です