ドライヤー使い方等!冬場に髪の毛を3倍速で乾かす方法!

お風呂で気持よく温まっても、風呂上りに髪が濡れたまま放置していてるとに湯冷めしてしまいます。

しかし、髪が長いほど時間がかかるので、髪をしっかり乾かす前に結局湯冷めしてしまいます。

どうしても冬場の風呂上りを面倒に感じている人が多いです。

ドライヤーの電気代ってだって家計にのし上がるのを知らない人が多いです。

そこで、髪をできるだけ早く乾かすテクニックをしらべてみました。

下準備にタオルドライを活用

乾かす時間を短くするためには、ドライヤーを使う前がとても大切です。

髪の毛の水分をできるだけ少なくしておくことが大切です。

重要なのが「タオルドライ」の正しいやり方を実践しましょう。

基本パターンの3スッテップを把握して下さい。

1)洗髪後、手で髪の毛束を軽く絞って、水気を切る。

2)バスルームから出たら、乾いたタオルを頭にのせて、指の腹を小刻みに動かすようにして頭皮の地肌と髪の根元の水分をふき取る。

3)髪の頭上以外の毛先は、タオルで髪の毛束を挟んでポンポンと丁寧に押し当てて、水気を吸い取る。

間違ってもタオルでゴシゴシ擦るのは禁止です。ダメージヘアーの原因です。

タオルの繊維が水分を吸ってくれて、包み込みながらふき取るだけで十分です。

乾いたタオルを何枚も使ってタオルドライを行うのもいいですね。湿ってくると水分を吸いにくくなるので、取り替えてしまいましょう。

ドライのときは浴室、洗面所は避ける

換気が十分で湿気が少ない場所でドライヤーを使用すると効果的です。

湿度が高い場所でドライヤーをあてても、乾いた髪に水分がつき、その水分をとばすために、またドライヤーをあてる……という無駄が生じてしまうのです。

タオルサンド法で時短

乾いたフェイスタオルを頭にかぶり、その上からドライヤーで髪を乾かします。

タオルに水分を吸収させ、ドライヤーで蒸発させる方法で、タオルの中が髪の毛専用のサウナ状態を作り出すことができます。

乾かす時間を短縮できるはずです。

ドライヤーの熱を髪に直接あてないので、熱によるダメージを最小限に抑えることができて一石二鳥です。

根元から乾かす!

ドライヤーで髪の毛を乾かすとき、毛先を中心に乾かしてはいませんか?

まず根元から乾かすようにしましょう。

ただし、根元を完全に乾かしたらいけません。

地肌が乾燥して皮脂がたくさん分泌しやすいです。

髪の多い人はブロッキングして乾かす方法が良いです。

全体を上から乾かしても、髪の多いと中まで乾きません。

ヘアクリップなどで髪を何ブロックかにわけ、完全に乾いたら次のブロックに行く、ということを繰り返した方が早く乾きます。

仕上げ段階は冷風!

最後は冷風で仕上げると髪の艶が際立ちます。

熱風のみで乾かそうとすると、熱気で毛根から余計な汗や皮脂が分泌されて、髪の発育を妨げてしまいます。

70%~80%ほどの髪の毛が乾いた後、ドライヤーをやめて冷風に切り替えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です