エリート女ほど危険な「自分磨き」の欠点

■女磨きやり過ぎ注意!

 「女磨き」がトレンドを引っ張っている時代です。

ここ最近の「女磨き」はダイエットや美肌などの美容系だけではないです。

女性ホルモンを活性化させて内分泌からキレイになるようなエクササイズ(骨盤体操とか)やダンス(ベリーダンス、フラダンス、レゲエダンス)などが評判高くて、ライフスタイルそのものをキレイにしようとする動向がみてとれます。

 30代や40代以上にいなっても女性の移しさを保ちたい!女性フェロモンを放出できるようなボディーケアをしたい、という女の強い願いの表現だと思います。
とても良いように聞こえるますけど実は「女磨き」にハマり過ぎると、ちょっとした落とし穴もある。

陥りがちな女磨きの落とし穴

 あるキャリア・ウーマンの独身女性がポールダンスに夢中になっていました。

かなり過激なセクシーダンスで、かなり熱中していて自分の部屋の中にも練習用ポールを立て、必死に練習していて、トレーニングの積み重ねで実力はかなりあがったそうです。

普段の彼女は清楚で冷静沈着なができる女性だけあって、ドヤ顔で激しいダンスする様子とのギャップを垣間見るとものすごい違和感を感じる人もいます

「えっ!なんであの人が…」。これには2つの反応の違いがあります。

一つは、頑張りすぎている30代独身女性ならではのイメチェンを模索している様子が、逆効果となってバランスの悪さを協調しているように思えます。

一方で、仕事のプライベートを潔く切り離してオンとオフを明確にしているのがバランスを調整しているとの意見もあります。

いずれにせよ、本人が好きでやっている趣味や趣向に関して、他人がどのような意見を持とうと関係ないです。

ただし、自分磨きに熱中しすぎるあまりに気になる異性にドン引きされるなら、男性と趣味のどちらかを選択せざるをえない状況になるかもしれません。

効率的に女を磨く方法

効率&質がいいのが「恋愛」であって、女磨きが最高ランクです。

恋をするとホルモンバランスが良くなるのは有名です。

出会いのありそうな環境に顔を出すだけでも効果があります。

恋愛は感性の勉強ともいわれるけれど、そんな生ゆるいことを言っている暇はないです。

30代40代にもなると、ときめきや感動が薄れる人生を感じている女性もいます。

ドキドキ感が一番の女磨きになります。

告白してダメでもいいではないですか!

何よりも心が動いたことは女性の感性や魅力の度合いをどんどん広げてもらえたはずです。

多忙という理由から恋愛に奥手な30代女性の中には、「女を磨いてから恋をスタートしよう」と心構えでは遅すぎます。

チャンスや時間はまってくれません。

はじめの一歩は小さくても構いません。

恋を楽しみながら女磨きをする姿勢を大切にしましょう。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です