羽毛布団のポカポカ効果を最大限に実感する方法は何?



羽毛布団ののが必要になってきた時期ですよね。

羽毛の効果は絶大だとしっていながら、最大限の効果を引き出して使用していますか?

今回は羽毛布団の最適な使用方法を検証します。

 

羽毛の効果が素晴らしい!

羽毛は空気を含んでその間に熱を蓄えてくれるので、洋服でもダウンジャケットを着ると外気との空気を遮断して内側と体の間の熱を保ってくれます。

勘違いしがちなのが、羽毛が暖かいわけではありません。

羽毛は体から放たれる熱を羽毛が包み込んで受け止めます。

羽毛は空気を含んで膨らみながら保温してくれます。

体が温まるというより羽毛の効果が素晴らしいです。

夜寝ている間は、汗をかくほど熱を発しているので、朝方には布団の中がとても暖かくなっています。

 

羽毛布団を効果的に使用する方法

大前提として体温が必須事項であって、羽毛の効果が引き出されます。

ですから、羽毛布団を使うときには、直接体の上にかけるようにしましょう。

今まで、羽毛布団と身体の間に毛布を挟んでいたけどもったいことに気づきました。

これでは羽毛に熱が行き届きにくいから、最大限の効果が得られません。

もっと寒さが厳しくなってきたら、羽毛の上に毛布を一枚乗せておくことでより放射熱を閉じ込める効果を発揮します。

羽毛の上に毛布を一枚乗せることで、羽毛から熱が出ていかないようにフタをする役目を担ってくれます。

さらに寒さが辛い時期には、体の下に毛布を敷いておきましょう。

下へ向かう熱を全て取りこぼしなく包み込むためにお勧めです。

 

羽毛布団専用のカバー

実際に保温効果を実感できるのは羽毛を直接かけることだと理解しましたが、直接肌に触れる羽毛布団のカバーに注意して下さい。

使用するカバーは羽毛布団の専用を選択しましょう。

羽毛自体に体温の熱が加わり、湿気を含みやすく機能性に優れています。

また、カバーも湿気を放出しやすい素材で、カビが生えない素材になっています。

さらに、肌触りへのこだわりを考えて、滑らかな素材を使用し、寒い冬でも気持ち良く熟睡しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です