錦織圭の活躍で経済効果の未来予測

日本スポーツ史に残る錦織の偉業の数々に感動しました。

テニス全米オープン、男子シングルスで準優勝に続き、世界のトップ8人しか出場できないATPワールドツアーファイナルにアジア人として初めて出場し、準決勝まで進むだんて、歴史上この上なく幸せな気持ちにさせてくれて感謝を申し上げたいです。

こんな凄い選手が日本から出るということは想像もしていなかったので、本当に嬉しく感じています。

錦織選手のプレーやインタビューにおいても、地味でシリアスな様子が伝わってきます。

ここまで人気が出た理由は、世界の強豪を次々とと倒していく有志にあります。

同年代だけでなく40代以上の世代にも人気が上がっているのも納得できます。

全米オープン準優勝時、錦織選手の経済効果が200億円と叫んでいた評論家がいました。

その時はそれは言い過ぎでしょ!と思いましたけど、まんざらウソではないかもしれません。

 

イベント等の経済効果

2020年 東京五輪 約20兆円

2002年 日韓ワールドカップ 3000~4000億円

2011年 なでしこジャパンW杯優勝 約3000億円

2003年 阪神タイガース優勝 約1500億円

と巨額マネーが流動するのは一大イベントや勝利波及効果があるからです。

一方で個人の選手も経済効果に貢献しています。例えば、

2014年 田中将大メジャー入り 約350億円

2012年 ダルビッシュ有メジャー入り 約250億円

基本的に、イベントや話題性が大きくなればなるほど、経済効果が大きのは必定です。

錦織選手の全米オープン準優勝した時は、田中将大やダルビッシュ有などのスポーツ選手の方が、スポンサー契約、グッズ販売、一般競技者への消費波及効果などが含まれる経済効果においては圧倒的に有利でした。

 

錦織選手の未来予測!経済効果編

錦織選手の活躍によって「子ども層」「中高年層」のに、テニス人気は確実に高まり、競技人口も増加の兆しを見せている。

錦織選手に憧れた子ども達がユニクロのウェアを着て、ラケットを買い、スクールに申し込んでいる状況です。

テニススクールでは、全米オープン準優勝後またATPワールドツアーファイナル後に問い合わせが殺到していて、新規会員が増えていると聞いています。

話はコレだけではない。

なんと、錦織選手がテニス留学していたIMGニック・ボロテリー・テニス・アカデミーへの短期・長期留学を視野に入れて猛練習している子どもが増えているそうです。

親バカなのか子どもが単純なのか理由はともかく、次世代のテニスプレイヤーが増加するのは良いことです。

40代以上の大人にも注目したいです。

子ども達の親世代もテニスをやるのは、40代以上の世代といえば、大学などのサークルでテニスをやっていました。

テニスブーム全盛期の人達だから、錦織選手の活躍によって再びテニスを復活する人が増えていると思われます。

錦織選手のコーチであるマイケル・チャンの他、ステファン・エドバーグやボリス・ベッカーなどの存在も中高年のハートを掴んでいると思われます。

40代以上の人達がテニスに夢中だった頃の名選手がコーチになって、フェデラー、ナダル、王者ジョコビッチ、錦織などの一流選手を指導していることも人気の支えになているでしょう。

錦織選手のキャラクター商品の価値が上がっている事に加えて、テニス全体の波及効果を考慮すると、もはや経済効果は400億円程度になっているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です