忘年会・飲み会でダメ!?女性がお酒を飲みたくない男の特徴

普段の飲み会だけに限らず、クリスマスや忘年会シーズンになると、一緒にどうしてもお酒をのみたくない男性が一人か二人はいるものです。

多くの人間が集まる飲み会になると、普段よりテンションが上がってしまって飲み過ぎてしまう人も多いのではないでしょうか。

ただし、お酒のマナーを守らないで、飲み過ぎて醜態をさらしてしまうと、仕事やプライベートの付き合いにマイナスになる可能性もあります。

そこで今回は、アンケート「飲酒調査」によって判明した、“女性がお酒を飲みたくない男性”を徹底検証します。

 

飲むと自慢話ばかり

自慢話や武勇伝の内容は、酔っ払って喋っている本人は気分が良いかもしれませんが、聞いている側からすると、退屈で時間の無駄としか感じません。

ましてや、それが上司や先輩だった場合、文句など一切言えず、相槌や絶賛などもしなくてはいけない。

それでは楽しいお酒には全くならないですね。

 

無理にお酒を強要する

女性にお酒を飲ませようとする男性は、確実に嫌われます。

優しさのかけらもないです。

しかも、変な下心があるようにも思われても言い逃れできません。

飲酒できない人やアルコールに弱い人に強要する男は最低です。

 

おごらせる、金払いが悪い

“スマートな会計”はデキる男の絶対条件であると言えます。

とはいっても不況で給料があがらない時代ですから割り勘は当たり前、という風潮が若者たちの常識です。

無理やりおごりを強制する男はダメですね。

一方、自分で食った飯代も払えない寄生虫のような女性がいるのも事実で、男性からは一番嫌割れる対象です。

なんで女はおごってもらう前提なのでしょうか?これもレディーファーストなの?

 

酔うと絡む。悪口

酔うと人が変わったように、ネチネチと過去の失敗を説教してくる男性は最悪です。

酒癖の悪い人間は男女ともにいますけど、男性が酒癖悪いと信頼感や威厳を喪失してしまいます。

とにかく「めんどくさい人間」という代名詞になってしまいます。

コレに対して、飲んでいる席で、その場にいない人の悪口をぶちまけるのは印象良くないです。

ココぞとばかりに、悪口や不平不満をしゃべる男を、女性は嫌います。

以上、飲み会の時に女性が嫌う男性のタイプを列挙しました。

これらは男性に限らず女性にも該当するアンケート結果でした。

男女ともに無礼講という場でも砕けた雰囲気を装いながら、礼儀礼節を忘れないお酒を
楽しんで欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です