男が発言厳禁!女が傷つく地雷ワードのランキング

「男性が悪気なく放った言葉で傷ついた」という経験をした女性は多いです。

その発言が、普段から気にしていることだったら100倍も落ち込んでしまいます。

デートや旅行中や飲み会などで盛り上がって素敵な時間を過ごしていても、

たった一言で全てが台無しになってしまうほど落胆してしまうこともあります。

男性は女心をしっかり把握していないと取り返しのつかない結果になるかもしれません。

男性からの「地雷ワード」が「女性に言ってはいけない言葉」だと理解しましょう。

ランキング形式でまとめたサイトがありましたので紹介します。
「足太いね」

モデル雑誌と比べるほうが間違っています。

太ももやふくらはぎを見比べてから、この仕打はダメです。

相手の女性がコンプレックスならば、さらに厳禁な言葉です。

太い足を率直に伝えるのはかわいそうすぎます。

ご本人だって自覚はしていても隠すのも限界があります。

それをズバリ言うのは無神経過ぎます。

 

結婚はいつ?

両親や親戚からさんざん言われている女性にとって、この発言はダメ押しで疲れさせます。

自分だけで解決できるような簡単な問題ではないです。

相手が必要だという前提条件を無視するのはダメダメです。

彼氏がいても収入や家族間の問題など様々な諸条件をクリアーできないときに言われたくないはずです。

婚期に関する他の発言もできるだけ控えるほうが良いです。

 

「毛深い、毛が太くね」

男性にむかってハゲハゲと連呼するのと同じくらい下品な発言です。

女性は脱毛クリームや脱毛サロンに通って、永久脱毛や除毛に大金をつぎ込んでいます。

身体のコンプレックスを指摘するのは性別や年齢に関わらず良心に反する行為だと思います。

剛毛で悩まない女子は誰もいません。

好きな男性とベットインするような甘い場面では必ず体毛を処理するはずです。

産毛も気になる女子もいるそうで、毛に関する悩みは男女ともに存在するのを覚えておきましょう。

 

「老けたね」

女性はアンチエイジングに奔走しています。

年齢をかさねると重力にまけて、頬やバストやお尻などが垂れ下がってしまいます。

乾燥や紫外線が原因でシミそばかすが目立って、ほうれい線や額のシワが深くなるのを少しでも食い止めるためにお化粧品やエステ通いに大変です。

ですから、老化現象を主張するのはやめましょう。綺麗になったねと褒め言葉を投げかけましょう。

 

「女なのに・・・」

「男のくせに」「長男のくせに」などと言われるとムッとしますよね。

性別や置かれている立場を利用して悪口を言うのは誰でもムカつきます。

女性が家事洗濯する時代でもないし、女子全員がおしとやかではありません。

勝手な妄想や固定観念を押し付けるのはやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です