タバコより危険!「がん誘発物質」が豊富な危険食品を暴露

現在でも日本人の死因のワースト1となっている“がん”は今後もゾウカケイコウなのでしょうか?

厚生労働省の平成24年の発表によると、年間に36万1,000人以上もの人が、がんを死因として亡くなっています。

がん予防のために、禁煙や食生活改善が必要だと思っているホトが多いです。

実は煙草の他にもに発がん性物質が含まれている身近な食品がたくさんあります。

いったいどんな物質が、どんな食品に含まれているのか気になるかもしれません。

けど、こんな事を言い出したら何も食べれなくなります。

金持ちで高価な食事ばかり食べてる人が長生きではありません。

タバコ、酒、ギャンブルの不摂生の人や貧乏で栄養が偏ってる人が短命でしょうか?

同じものばっか食べないで多種多様な食品を毎日楽しんで食べて、楽しく生きれるのが大切です。

くだらないストレスを抱えるのが一番の発ガン率になります。

以上を踏まえた上で、危険とされている食品を列挙しますけど神経質にならないで下さい。ストレスを感じるほうが最悪ですからね。

 

ポテトチップス

“アクリルアミド”という物質がガンを誘発すると言われれています。

炭水化物が多い原材料を120℃以上で加熱調理した食品に含まれているそうです。

毎日食べ過ぎる人は、塩分の方が危険だと思います。

高血圧のほうが心配です。

ジャガイモを上げたものなら、フライドポテトも同様にアクリルアミドの濃度が高いです。

マクドナルトや他の外食に限らず自宅で調理しても同じだそうです。

塩味を効かせすぎ、粗悪な油を使用、などお店のほうが悪条件かもしれません。

 

インスタントコーヒー等

コーヒー豆やほうじ茶葉、煎り麦のように高温で焙煎した食品にもアクリルアミドが高濃度に含まれているそうです。

こうなるとお茶類もダメになります。
美味しいものはだいたいが身体に悪いです。

脳が油と糖分を生きるために美味しいと知覚するようにできているので仕方ないです。

けど、タバコは周囲の人間にも悪影響をあたえるので、食品なんかより副流煙のほうが悪ですね。

確か人間には誰でも毎日数百個以上の癌細胞が作られていて、免疫力や回復力の功績で発病しません。

健康食品や健康マニアであろうが、ストレス過剰な日々をすごしているのが最悪です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です