夫の不倫疑惑!?妻は関係修復or離婚を決める最善策を公開

夫が不倫!?セルフチェック!

ドラマなどでも題材として取り上げられている「不倫」ですが、
「夫が浮気してるかも…」と感じたことはありませんか?

最近のテレビや雑誌などでは昼顔や不倫をネタにしすぎています。

不倫を助長しているような風潮は良くないです。

夫が不倫している場合は女性と違って、わかりやすいかもしてません。

・休日を隠す
・最近、会社の愚痴をいわない
・給与明細を見せなくなった
・BARや良い感じの飲食店に詳しい
・LINEをよく利用している
・スマホを見ようとすると、急に怒りだす
・「浮気してるの?」と冗談で言うとマジ切れする
・オシャレや外見に気を遣うようになった
・スマホを家の中でも手放さない
・スマホにロックがかかっている
などいくつかの項目に、思い当たるフシがある場合、

不倫の疑惑が晴れないでしょう。

妻の立場としては、毎日「夫が浮気なのかしら?」と疑いながら生活するのは、メンタルヘルスを健全に保つのが辛いはずです。

間違ってうつ状態や体調不良にでもなるなら大損です。

そこで今回は、夫の不倫に対して、解決方法を紹介します。

 
関係修復を切望するタイプ

大前提として、不倫の有無をハッキリさせましょう。

「うちの夫に限って不倫しているわけない」と誰でも配偶者を信じたい気持ちがあるのも分かります。

しかし、不倫関係が白昼の事実にする覚悟がないなら、このままずっと不安を耐え忍ぶ根性と体力があるのでしょうか?

事実ときちんと向き合って対処するのが最も建設的な姿勢です。

夫が不倫しているなら、「本気」「遊び」なのか、見極める必要があります。

遊びならば改心して家庭に戻る場合があります。

ただし、夫の不倫が本気だった場合が本当に厄介です。

男性は生理学的に二人の女性を同時に愛するのが下手くそです。

愛情が不倫相手に注がれていて離婚の申し出があった場合、大問題になります。

まずはそれでも夫との夫婦関係の修復を望む場合、やれることは限られます。

1.夫のの不倫相手と直接会って交渉する
2.夫の不倫相手を別れさせる

自分ではなくて代理人の弁護士を介するのも良い案です。

感情的になりやすい女性はなおさら第三者を使うほうが安全です。
あるいは、関係修復を諦めて離婚する場合は、お金と時間が必要になります。

泥沼離婚裁判になるなら、バンバンお金が吹っ飛びますよ。

 
離婚経験者の体験談を聞くべき

離婚する場合は、経験者に直接聞くのが手っ取り早く情報収集できます。

何人かの離婚した人にインタビューするほうがリアルな話で参考になります。

一人で思い悩むのは損するだけです。

不倫には刑事罰が課されないままで、一夫一妻制を続けるのが難しいのかもしれません。

不倫によって社会に投げ出されたシングルマザーと子ども達は悲惨です。

離婚した女性の一人は、慰謝料を少しはもらえても、養育費を途中から払われずに生活保護受給者になるほど窮地に追いやられるケースは枚挙にいとまがないです。

現行法の法整備が必要なのに政府は早くやって欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です