食事中の緑茶は冷え性の原因!身体を冷やすNG食習慣

食事に一工夫して寒さに負けない体質改善を実践していますか?

女性に多い悩みと言えば「カラダの冷え」ですけど、

最近では男性にも冷え症が増えています。

毎年冬の寒さが辛い…という方の大半は、身体を冷やしてしまう食生活をしていることに気づいていません。

そこで、毎日の生活に落とし穴がある事実を知ってほしいので、解説します。

 

食事中に緑茶の飲む習慣

食事しながら、緑茶を飲む習慣の家族は注意して下さい。

お昼のお弁当をたべながら、緑茶のペットボトルを飲む、というシーンをよく見かけます。

実は冷えをいうテーマで考えると、控えるべきです。

緑茶に含まれる「タンニン」という成分は、鉄の吸収を妨げます。

鉄分補給が滞りがちになるのは、冷え性の人には最悪です。

鉄が不足すると、血流が悪くなるのでエネルギー代謝が低下します。

筋肉でのエネルギー代謝が低下すると筋肉の稼働や伸縮が落ちるので、冷えや寒さを感じる原因になるということです。

現代人は鉄分が不足しがち、特に女性は生理で鉄不足です。

緑茶やコーヒーや紅葉などの飲み物を飲む際には、せめて食後1時間くらい後にのむほうが良いです。

 

タンパク質不足

たんぱく質が不足すると、細胞分裂周期が悪くなるので代謝エネルギーが滞りがちになります。

筋肉も衰えていきますので、冷えを感じやすくなルのと同時に太りやすい体質になるので注意が必要です。

 

生野菜をたべる習慣

野菜に含まれる「カリウム」の利尿作用にカラダを冷やす原因があるのではないかと言われています。

カリウムの利尿作用により尿とともに熱を排出してしまうため冷えを感じるというわけです。

カリウムは高血圧予防に効果がありますが、冷えで悩んでいる気になるという方は生野菜として食べるよりも、茹でたり、炒めたりと調理方法を工夫してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です