目の下のくま(クマ)は病気や体調のサイン

目の下のくまができると「お疲れ様です」「寝不足と睡眠時間が短い」が原因だとおもっていましたけど違うかもしれません。

実は何かの病気のサインである可能性もあります。

その症状の一つがくまが目立ってくる病気について解説します。
くまは体調不良のシルシ

20代や30代になると比較的多いとされているのが「青くま」があります。

青くまの主な原因は血行不良です。

目の下の皮膚は非常に薄く、目の周りには多数の毛細血管が集まっています。

そこで血行不良が起こると、黒ずんだ血液がまぶたの薄い皮膚を通して青っぽく透けて見えます。

いわゆる「青くま」の正体です。

病気によって現れるくまも、主に血行不良が原因のものです。
目の下にくまが出る病気

目の下のくまには、重大な病気が隠れていることもあります。

目の下のくまが現れる病気はいろいろあります。

「くま」といえども軽視しないで、気になる方は早めに医療機関を受診することをオススメします。

以下で、症状のひとつとしてくまが現れることがある病気について紹介します。
肝臓疾患・腎臓疾患(肝機能・腎機能の低下)

肝臓・腎臓には、解毒作用や老廃物を排除し血液をキレイにする役割があります。

機能が低下すると血液が浄化されにくくなり、血流が滞って目の下にくまができるかもしれません。

病気ではなくても、飲酒・甘いもののとりすぎ、過労などによって臓器が疲弊している時に陥りやすいため、生活習慣や食習慣の改善を図りましょう。
うつ病

うつ病になると、両目と口の周りが青白くなりやすいです。

自律神経の異常によって、目の周りの筋肉(眼輪筋)や口の周りの筋肉(口輪筋)に血行不良を起こしているためです。
鉄欠乏性貧血

赤血球内にあるヘモグロビンの量が減ると、貧血が起こります。

鉄分が不足することによって起こる貧血が、鉄欠乏性貧血です。

貧血になると血行が悪くなり、赤黒い色をした還元ヘモグロビンが停滞、目の下に青くまとなって現れます。

鉄分の多い食事を心掛ける他、症状がひどい場合は医療機関を受診して内服薬を処方してもらうなどの治療を行いましょう。
バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

バセドウ病は、喉にある甲状腺で作られる甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。

主な症状として眼球の突出があります。

眼球突出によって、眼球の下にある眼窩脂肪もせり出してきてたるみのような状態になり、「黒くま」ができることがあります。

バセドウ病の症状は他に、甲状腺が腫れて大きくなる甲状腺腫、頻脈、汗をかきやすい、手指の震え、だるさ、体重減少などがありますので、心当たりがある場合は早めに医療機関を受診しましょう。
アトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎

目の周り全体がくすんでいる場合はアトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎の可能性があります。

目の周りの皮膚にハウスダストや花粉が付着して炎症を起こし、色素沈着による茶くまが厄介です。

放置は厳禁なのは、深刻なシミとくすみになるからです。

早急に医療機関を受診して、皮膚炎やアレルギーの治療をしながら、表皮のバリア機能を高めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です