ユーチューバーHIKAKINの弟子が暴露!YouTube動画の撮影と編集で大儲けの秘訣公開

『YouTube』に、動画を投稿して広告収入を得ている「YouTuber」(ユーチューバー)たちに注目が集まっています。
月収500万円以上を稼ぎだして芸能人のような人気者たちもいます。

動画を投稿し始めたものの、どのように撮影したり編集すればいいか悩んでいる人も多いです。

そこで今回は、動画投稿ビギナーのために、日本のトップYouTuberのHIKAKINさんのお弟子さんがノウハウを話してもらいました。

撮影や編集、アクセスを集めて再生数を上げるコツを解説します。

 

閲覧者の深層心理を考えて撮影

撮影時のコツを挙げてもらうと、重要なのは「見ている人の立場になってを考える」ことです。

例えば、コスプレ衣装やマグカップなどを紹介するレビュー動画を撮影する場合、登場して映る人間よりも「商品をしっかりと見やすく映っているのか」を絶対に意識して確認することが大事です。

「視線」や「声のトーン」も重要とのことです。

しかも人間は声のイントネーションを重視するので、挑戦的な言い方やニュアンスになっていないか、しっかり見ている人が聞き取りやすいように話せているか、などを注意するとのことでした。

構成やプロットの進行に不慣れの間は、動画のストーリーを把握するために台本を作成するのも良案です。

レビュー動画を作る場合、説明が必須のところと説明不要のところを台本で明確にしておくと、不必要な情報が入って動画が間延びしてしまうのを避けることができます。

作りるのがスムーズになってきたら、頭の中で構成や構図を考えながら撮影してみる冒険も面白い作品作りには必要です。

台本がないぶっつけ本番勝負だど適度な緊張が働くのか不確定要素が増え、想定外の楽しいハプニングに見舞われることもしばしばあります。

台本を作るとというルール違反にならないし、むしり「台本を作らない方が奇想天外な良い事もある」とHIKAKINさんも語っています。

撮影機材に関しては「初心者はこだわる必要は全くない」そうです。

成功者の多くが最初はあまり機材にこだわりがないタイプだそうで、最近まで市販の数万円程度のデジタルビデオカメラを使っていたそうです。

まさかのスマートフォン対応になっていますので、誰でも簡単に動画撮影できます。

 

編集⇒閲覧者がダレない配慮!

動画編集のコツを率直に質問しました。

重視するのは「間延びしない動画」にすることです。

YouTubeの動画は、長いものよりも大事なポイントだけを押さえた短い動画の方が、見てもらいやすいです。

編集する際は、余計な部分は面白い要素がないなら全てカット。できるだけ短くするのがいいでしょう。とにかく見ている人が飽きないコツが大事です。

しかし、HIKAKINさんのヒューマンビートボックスの動画など、ライブ感が重要になる動画の場合は、編集しない方が良い傾向もあります。手を加えないことで見ている人に、よりライブ感を伝えることができます。

編集で動画開始早々にオープニングを入れるのも入れるなど、動画の冒頭に何かしらの「しかけ」を入れることで、離脱しないで見終わっても次回の動画も試聴してくれそうです。

オープニングを外す場合でも、スタート時に毎回定番の決まったセリフやジェスチャー等を挿入するとインパクが残ります。

普通過ぎるのはチャレンジ精神が欠如しているからスグに忘れられちゃいます。

 

ファン増加する秘策は?

・毎日継続して動画を投稿する

・人気の動画やネタを見て徹底研究する

・人気動画の面白いポイントを取り入れてみる

・タイトルが視聴者の決断スイッチが入る親近感

・視聴者の最大限の利益になる事を考える

など、今回はこの辺の紹介で終わります。

なお、動画投稿の話題で批判やネガティブなコメントの存在です。

ここでの批判の内容をしっかり読んで改善点のお宝ネタを入手できています。

コレを修正するだけで、ドッカーンと収益化出来る場合が多いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です