ウザいと思う恋人の行動ランキング!「家の前で待つ」より1位は何?

約1万8千人を対象に「恋人の重たい行動は何?」というアンケートを実施したところ、非常に面白い統計データを収集できました。

今回は、ランキング形式で上位5つだけを厳選紹介しましょう。

 

第5位 結婚の催促

これは深刻なテーマです。

男女や個人によって適齢期が違うので、結婚を催促するタイミングを間違って分かれるパターンは多いです。

一般的に男性よりも女性の方が結婚願望が強いので、相手に「面倒くさい女」と勘違いされる確立が高いです。

 

第4位 メールやLINEを連投

メールやLINEをあまりしない人と頻繁に送る人とが付き合ってしまうと、ちょっとした誤解や問題は当然起きやすいです。

人によって、メールなどを送る頻度はまちまち。1日に1回送るか送らないかという人もいれば、1日に数十通送るという人もいます。

 

第3位 電話が頻繁

電話好きや電話しがたるタイプは、電話そのものがあまり好きでないタイプにとって、頻度の多い電話に嫌気がさしてくるでしょう。

コミュニケーションギャップの一つかもしれません。

メールや電話の頻度に対する価値観は付き合ううえですごく大切です。

メール電話めんどくさい派の友人は毎日数回連絡とりたい派の彼氏と合わなくて別れちゃいました。

 

第2位 家の前で待ちぶせ

これはちょっと危険なニオイがします。

情熱的な一面とストーカーの側面とが表裏一体となっていて、どちらなのか判断に困らいます。

クールな人からすれば、待ちぶせ行為は重いどころか恐怖とすら感じてしまう行動です。

家の前で待つのは、自己中心的な行動の一つであって、相手のプライベートを無視しています。

ストーカー行為規制法に抵触する可能性もあります。

一方で、「家の前で待たれていて感動した」という人もいます。

普段はクールそうなイメージの人が待ちぶせしてくた姿に心打たれた!という体験談もありました。

 

第1位 連絡の強要

「仕事終わったら連絡して」「起きたら連絡して」「2時間ごとにメールして」など、恋人同士で連絡を強いるような話は頻繁に聞きますけど堂々の1位でした。

よくある話しだけど不快度も高いというのがわかりました。

相手を想うあまりに強要してしまうのは逆効果だと理解しましょう。

 

まとめ

昔は、「手編みのセーターを贈る」とかが「重い」の象徴だったんですけど、今はメールとかLINEなんですね。

自分が好きだという気持ちを恋人相手にアピールする前に、相手の性格をまずは理解して受け入れられる言動を心がけるべきなのかもしれません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です