仮面夫婦の原因と問題点!早期離婚も熟年離婚しない秘密暴露



近年は離婚数減少の背後で話題に挙がっているのが、家庭内別居や仮面夫婦の増加です。

家庭内別居や仮面夫婦が増えている原因を追求しながら、その問題点とあなたの仮面夫婦関連指数を確認しましょう。

 

離婚数減少の背景が恐い

日本の離婚率は2002年の約29万件をピークに減少傾向です。

数字上では、日本全体で円満夫婦が増えているような錯覚を覚えます。

ところが現状は大きく違っていて喜べないのが現実です。

出生率は増えていません。高齢化による介護の問題があります。

離婚件数の減少は、そもそも若年層が無理してまで結婚すること自体が減ったからです。

また、夫婦仲が良いわけではなくて、離婚できない理由があるため、しかたなく夫婦関係を演じている家庭が急増しています。

「隠れ離婚」、いわゆる「家庭内別居」や「仮面夫婦」を選択する夫婦が明らかに増えているようです。

仮面夫婦かどうかの判断は客観的に決めれないので正確な数値を算出できないです。

このテーマの確信は、仮面夫婦になる原因を追求することです。

 

仮面夫婦が生まれる理由

「熟年離婚」の増加が続いていて、離婚する世代や理由も昔より多角化しています。

個人的に周りでも離婚経験者は特別な存在ではありません。

さらに、ドラマや映画の設定でも、登場人物が離婚済やシングルマザーであったり、不倫浮気のイザコザがあっても離婚しない仮面夫婦などを題材にした内容が増えています。

 

離婚に踏み切らない理由

大きく分けて2つあると考えられます。

1つ目の理由は「子ども」の成長です。

「離婚することで子どもの進学にマイナス」「子どもの成長のために両親がそろっていたほうがいい」と考える方はまだまだ多いです。

子供のためと理由付けしていても、子供も馬鹿じゃないから仮面夫婦なんて小学校高学年で見抜きます。

子供でいるのはたった数年です。10代後半になれば自立して自分で人生の選択をします。

だったら、時間がもったいないから、離婚しても親として子どもと接すれば問題ないなら仮面夫婦として我慢しないで離婚するほうが家族のために良いかもしれません。

2つ目の理由は「経済力」です。

お金の問題が一番大きな問題かもしれません。

離婚後にシングルマザーになっても生活苦になるのが分かりきっているなら離婚希望していても我慢している妻が多いです。

もし年収1億円くらいあったら、即日今日にでも離婚すると断言する人がいます。

複数のベビーシッターを住み込みで雇って

別の男性と兄弟もたくさん作って寂しくならないように行動するそうです。

妄想ではなくて実現するためにお金が必要です。

愛はお金でかえないけど、愛情をメンテナンスするには経済力は必須です。

マイケルジャクソンとプレスリーの娘が離婚したとき、両者ともお金持ちだから円満離婚したのを覚えています。

夫婦ともに稼げるのは大切だと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です