夫の浮気を暴露!妻の探偵直伝テクニック

「浮気するくらいなら結婚しなければいいのに。

なぜ、結婚するのかなぁ。多妻多夫制にのほうがマシ」

などの独自の意見も多いです。

「浮気したら問答無用に離婚しましょう」という急進派のコメントも目立ちます。

いつも思うんだけど
そもそも、浮気や不倫を見つけて将来の関係をどうしたいかが一番の問題なのに、

発見することに一生懸命になりすぎのバカ女が多すぎます。

発見して夫と別れて慰謝料をたっぷり頂戴する為にやってるのなら理解できます。

しかし、見つけて夫の行動範囲をの行動を束縛して他の女に気持ちが移らないように警戒するだけなら、無駄だと思います。

浮気不倫の根本原因を追求してこれを改善するのが最善だからです。

この点をふまえた上で、以下では浮気や不倫を探るテクニックを抽出します。
見つけるのは構いませんが、原因追求するように意識してください。

 

■帰宅時間、泊りがけの出張や休日出勤

まずは毎日の帰宅時間をチャックしましょう。

浮気相手と過ごす時間が増えるほど、家庭で過ごす時間が減ります。

また、泊りの出張や休日出勤の回数が急に増えるような時も要チェックです。
休日出勤や泊りの出張は、会社にとっては「経費増」になることですから、基本的には避けたいはず。
確たる理由もなしに、休日出勤や時間外労働時間数が増えているとしたら、ちょっと注意してみましょう。

休日出勤や残業時間数などは給与明細に明示しているはずです。

明細を確認して、夫の申告回数と合致しているか確認してみるのも有効です。

 

■服装、持ち物

恋愛相手ができれば、身だしなみとオシャレに注意するのは、老若男女を問わず見られる傾向です。

また、浮気相手からプレゼントされた服や装飾品、雑貨などを身につけている場合もあります。

自分が購入した覚えのないものなのか定期的に確認しましょう。

バラバレなのが理由もなく、結婚指輪を外している場合もあるので注意してみてください。

 

■携帯電話

夫の不審な行動を携帯電話チェックで確認するスタイルが、大変多くなりました。

しかし、安易な携帯チェックは、個人情報保護の観点からも告訴されると犯罪に該当する可能性が高いです。

しかも、妻が夫から信頼されない最悪な結果になりやすいです。

また常習性も芽生える危険もあるのでリスクを考慮してから判断してほしいです。

最初は携帯電話会社から来る請求の明細書を確認する程度でいかがでしょうか?

通話時間やパケット使用量の変化を確認する程度にとどめてほしいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です