出産痛み激減!無痛分娩のメリット・デメリット



お産の痛みがほとんどなくなる「無痛分娩」を選択する女性が増えているのです。

よく「お腹を痛めて産んだ赤ちゃん」というセリフを耳にしますが、近い将来このセリフがなくなる日が来るかもしれません。

最近では、無痛分娩を実施できるクリニックやドクターは着実に増加傾向です。

しかも、妊婦さんが無痛分娩という出産方法を選択する件数も増えているそうです。

時代の流れなのでしょうか。近い将来、自然分娩がなくなる可能性もありそうです。

その証拠に、慈恵病院での出産の約2割が無痛分娩と報告しています。

その他クリニックでも、無痛分娩の実例数の増加報告や設備の準備を薦めているという報告が多数あります。

とは言うものの、日本は世界の中でもまだまだ無痛分娩の認知度は低いです。

特に先進国では多く広まっている出産方法です。

アメリカでは総分娩数の6割が無痛分娩、フランスでは現在約8割の女性が無痛分娩で出産しているという報告もあります。

 

無痛分娩とは何?

無痛分娩とは、局部麻酔で陣痛や分娩時の下半身に起こる「痛み」を軽減する方法です。

局部麻酔なので意識がなくなることはなく、軽度の痛みと産道の感覚は残っているので、赤ちゃんが生まれてくる感覚を感じることも可能だというのだから驚きます。

けど、麻酔をするのだから、優秀な麻酔医がいるのが大前提だと思います。

 

無痛分娩のメリット・デメリット

【メリット】

1)陣痛と母体の体力消耗が減ります。
また、分娩後の体力回復が早くなって退院もスムーズになります。

2)激痛の不安や恐怖が少なくなるので母体の緊張感を少なくできる。
3)リラックス状態で準備できるので産道が柔軟で、安産になりやすい。
4)分娩時の産道の傷を処置する際の痛みも軽減される。

【デメリット】

1)誰もが無痛分娩が可能とは限らない。
2)出産費用が自然分娩よりも1万円~20万円ほど高価になる。
3)体質によっては低血圧・嘔吐などの副作用を引き起こす場合もある。
4)稀に頭痛、背部痛をはじめとする合併症を招く恐れもある。

■結局無痛分娩っていいの?悪いの?

医学的な観点から考察すると、無痛分娩と自然分娩のどちらが良いのかという判断基準はありません。

ただし、高齢出産で体力に自信がない人や痛みに弱い方にはダメージを軽減するために無痛分娩を推奨している産婦人科もあります。

また、予定出産を希望する方にもオススメかもしれません。

一方、麻酔に不安がある方、アレルギーを持っている方は自然分娩を選択するほうが安心できると思います。

要するに、両者の良し悪しを決めるのが目的ではなくて、大切なことは子供を産む妊婦自身が、最もリラックスして出産できる方法を選択するべきだと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です