簡単に鍛える!オフィスで実践できる体幹トレーニング

体幹とは、体の幹(みき)です。胸や腹、お尻など胴体の筋肉の総称です。

一流のアスリートが、体幹トレーニングを取り入れて記録を更新したり優勝しているので何かと話題になっています。

そんな体幹を自宅で効率的に鍛えることができるなら嬉しいですよね。

誰でもお金をかけずにできるトレーニングを厳選紹介します。

「基礎代謝がアップする」「体の軸が強くなって姿勢が良くなる」「基礎体力があがって、高度なトレーニングがこなせるようになる」などのメリットがあります。

姿勢が良くなると腰痛改善も見込めます!

 

効果の高い体幹トレーニングを実践

ビジネスパーソンにとっても肉体改造は必要な時代になりました。

体力の低下を防いで、仕事のパフォーマンスを上げていこう!

このところ、仕事が忙しくなり、夜の付き合いや接待が多くなると体重がきになります。

働き盛りと言えば聞こえが良いけど、運動不足でお腹周りや体脂肪率が気になります。

本や雑誌を買ってきて自宅トレーニングを始めてもモチベーションが上がらないしスグに挫折しやすく、効果を実感できないし、体重も減らなければお腹も割れない、と嘆いている人が多いです。

重要なのは実感できる時間ができるだけ短いことです。

効率良く実感できるなら頑張れるし継続できます。

仕事や勉強にコツがあるように、トレーニングにだってコツがあるのです。

そこで今回は、気になるお腹周りをターゲットに搾ります。

一般的な「腹筋」「腕立て」「スクワット」のようなトレーニングではありません。

極めて簡単で無理のない動作で最大限の効果を引き出せる体幹トレーニングを厳選しました。

オフィスでも椅子に座ったまま試せるトレーニングになります。

 

「ヒップフロート」:自分の体幹力を正しくジャッジ

椅子を使って行う体幹強化トレーニングです。

地味な動作に見えますが、考えている以上に効率よく腹筋のコアマッスルを強化できます。

注意して欲しいのは腕の力で体を持ち上げてはいけません。

お腹全体に力を入れて、体幹を優先して使うように意識すると、見た目よりも体幹の筋肉に刺激を感じられるはずです。

【やり方】

【1】
椅子に座り、座面の端を両手でしっかりと握ります。

image1

 

【2】
背すじを伸ばした状態から、腹筋と腕に力を入れてお尻を座面から浮かします。
お尻を浮かせたまま3秒間キープします。
連続して行います。(目安は5~10回/1セット)

コアマッスル鍛え中

 

【ポイント】
・上体をやや前傾姿勢にして、体の重心のバランスをとりましょう
・無理をしてお尻を高く上げすぎないでください。
・1日あたり、1~2セットを目標に実践してみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です