翌朝に顔がでかい!全身むくむ原因とむくみ太りの改善方法を解説

朝、起きて鏡を見たら、「顔がパンパン!?顔がいつもよりおおきいかも?」と感じがことありませんか?

なんだかだるくて、目元の腫れがひどくて、おなか周りのウエストも足もむくんで不快でつらい、という経験を女性なら何度か経験したことあるでしょう。

もうこれらは「むくみ」の症状に該当します。

人はなぜむくむのか?体調管理ができていないかもしれません。

寝るだけでは本当に疲れが取れるとは限りません。

むくみには個人差がありますけど、その原因を追求します。

■1:体内が水分不足

前夜に水分補給が足りない場合、翌朝のむくみの原因は“水太り”に該当しているかもしれません。

お水を飲んでいないと血液が濃くなります。

しかも、老廃物や体内に溜まっている不要な水分を体外に出せない状態です。

つまり、必要最低限以上の水分をとれないと、不要な水分を溜め込んでしまってむくんでしまいます。

乳酸などの疲労物質も溜まりやすいので疲れが抜けきらないので、無駄にむくみがひどい状態になってしまってつらいです。

「水を飲んでいないのに水太り!」という理屈をきちんと理解して対処するのを怠ると毎朝がとても憂鬱ですね。

前夜からきちんとお水をとって血液サラサラにしましょう。

■2:アルコールと塩分高い食事の食べすぎ

「昨夜の飲み会はたのしかったなぁ。たくさん食べて飲んで満腹だぁ」という遊びは最高ですよね。

しかし、翌朝は全身が「だるおも」でむくみがひどいです。

これは明らかに食事が原因です。

高濃度の塩分とアルコールは血流の促進を妨げます。

二日酔いのときにお水を飲みたくなるのは、水分が枯渇した状態をケアしたいからです。

飲酒と塩分を適量以上の摂取を控えるには努力が必要かもしれませんが、頑張りましょう。

■3:運動不足

自宅ではベッドの上で過ごしているだけの独身女性がむくみに苦しんでいます。

身体を動かさないと免疫機能と代謝が低下します。

血液の流れが滞るのは確実ですから、翌朝から顔や足首やだるくてむくんで「うつ状態」になる人もいます。

寝る前には軽いストレッチ体操や柔軟体操を毎日やるだけで、熟睡度が増して快適な寝覚めが着たいできます。

無料で簡単で誰でもスグに始められるのがウォーキングです。

筋力と代謝アップを期待できますからスグにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

■4:部屋が明るい状態で寝る

就寝する直前までスマホやパソコンでネットサーフィンや仕事やゲームをしていませんか?

小説を読みながら電気を消し忘れた状態で寝入ってしまった経験はありませんか?

翌朝になると熟睡できていない、つまり睡眠不足になりやすいとむくみに苦しむ人が多いです。

明るい部屋で寝る人はメラトニンという睡眠を促すホルモンの分泌が悪くなります。

こうなると、代謝力が低下して太りやすく、むくむ人は存在します。

100%むくむとは断言できませんが、顔がむくみやすい人は睡眠不足も原因の一つだと認識しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です