がん家系は本当にあるのか?胃がん・大腸がん・乳がんなど



「がん家系だから…」という発言をよく聞きます。

これが事実なら、ガン家系の家に生まれるならば必ずガンになって苦しむことになります。

「がん」は誰にでも発症する可能性がある同時に、最近は「治る病気」とも言われます。

果たして、がん家系というのはあるのでしょうか?
「うちはがん家系だから…」という声をよく聞きます。

■一部のがんには、遺伝的な要因あり!?

がんは、「悪性新生物」や「悪性腫瘍」とも言わていれます。

その原因には、遺伝要因と環境要因の両方があります。

環境要因が強く影響する癌もあって、ガンの種類によって原因が偏るのが興味深いです。

例えば、乳がんは、日本では発症した方のうち、5~10%は血縁者内に乳がん患者がいる「家族性乳がん」だそうです。

一部のガンには「がん家系」も関係あるというのはショックをうけるのは無理もありません。

めざましい医学の進歩によって、今後は、その遺伝情報も活用して、より再発リスクの少ない治療法や予防検診へと内容が進歩していくだろうと予想されています。

■どの部位のがんが増えている?

上皮細胞でできる「癌」(胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮がんなど)が増加傾向です。

また、男性では、肝臓関係や、気管・気管支や肺に関するがんが増えており、女性では、大腸や肝臓関係、気管系のがんが増えています。

やはり、消化器系の細胞は、飲食が伴うので毎日私たちが駆使している部分でもあり、その発症率の高さは注意しておくことが大切だと思います。

ちなみに、保険を選択するとき、保険料ばかりに気にしますけど、、がんに対する保障範囲がどこまでなのかも必ず事前に確認しましょう。

このように、がんが発病する人が増加傾向で、しかも治る病気です。

適切な予防策や治療法、そして経済的な準備などの情報をしっかりすることが、今の自分や大切な人たちを守るための重要な行動の第一歩と言えるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です